HOME » 書籍・DVD »

カテゴリ: 歯学系 書籍.

カワラダデンチャーシステム臨床質疑応答集

カワラダデンチャーシステム臨床質疑応答集

“痛い”“噛めない”“外れる”総義歯救出大作戦

著者
・川原田 幸三(カワラダ歯科・口腔外科)
・山口 久和((有)ケイケイ デンタル サービス)
・川原田 美千代(カワラダ歯科・口腔外科)
B5判・フルカラー・200頁
ISBN4-906514-40-5
定価:9,500円(税・送料別)

内容

本書は、現在総義歯作製法の主流であるハイドロ キャスト プログラム(H‐C P.)法の様々な欠点を改良し、著者が確立した無調整でピッタリ吸着し、痛くなく噛めるカワラダ デンチャー システムによる総義歯作製法について、過去13年間の講習会での種々の質疑応答を、分類・整理し、解答を補強したものである。

350問以上にわたる質問を通して、総義歯作製の“コツ”をすべて伝える、ある意味マニュアル本の究極ともいえるもので、歯科医師必読の書である。

本書をお読みいただければ、

  1. 総義歯に対す考え方が一変し、
  2. 総義歯作製が楽しくなり、
  3. 自費診療の総義歯作製に自信がもてます。

それは以下の三つの勘所さえ押さえれば、噛める総義歯の作製はさほど難しくはない。その三つの勘所とは、

  1. 義歯床の辺縁封鎖。
  2. リンガライズド オクルージョンによる中心位の確保。
  3. ティッシュ コンディショニングによる粘膜面の動的機能印象。

21世紀の歯科医療は、技術が勝負です。
是非本書を熟読いただき、痛くなく、安心して噛める総義歯を作製し、自費診療の幅を広げて下さい。

目次

No. 1  カワラダ デンチャー システムとは
No. 2  Hydoro-Cast-Programの改良点とその理由
No. 3  カワラダ デンチャー システムの適応症と禁忌症
No. 4  カワラダ デンチャー システムの患者への説明(インフォームドコンセント)
No. 5  総義歯治療に着手するための前処置
No. 6  個人トレーの製作と顎堤粘膜の印象採得法
No. 7  作業用模型の製作および削除・整形
No. 8  床の外形の決定と基礎床の製作
No. 9  カワラダ デンチャー システムで使用する人工歯
No.10 上顎前歯部の人工歯排列法および上顎臼歯部の人工歯排列位置
No.11 咬合採得法と適正な義歯の咬合高径について
No.12 下顎前歯部および臼歯部の人工歯排列法
No.13 フルバランスド オクルージョン(Ful.O.)VS リンガライズド オクルージョン(Ling.O.)
No.14 T‐Cパッキング ジグの機構・特徴およびその必要性
No.15 上顎口蓋部と下顎舌側床縁の延長
No.16 T‐Cパッキング ジグを使用したリライニング法
No.17 フラビーガムへの対応
No.18 咬合調整法
No.19 顎位(中心位)の決定法
No.20 顎関節に異常があると思える症例の対処法
No.21 T‐Cによる粘膜調整法
No.22 T‐C填入後の異常
No.23 下顎義歯が外れる・浮き上がる・飛び出す原因と対策
No.24 治療用義歯による動的機能印象採得
No.25 “重合くん”による最終義歯の製作と技工操作
No.26 最終義歯製作中の患者への対応
No.27 最終義歯装着後のトラブルおよび義歯の管理とリコール
No.28 カワラダ デンチャー システム 総義歯 実技・実習について
追補   実技・実習セミナー受講の先生とのQ&A

書籍・DVDのご購入はこちら

pagetop