HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 慢性腎臓病(CKD)の診断と管理および治療法の実際

No.GS131 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

慢性腎臓病(CKD)の診断と管理および治療法の実際

看護師の方もご参加ください!!

講師

竹村 直行 先生

日本獣医生命科学大学 獣医高度医療学教室 教授

プログラム

10:00~16:00 (途中、昼食休憩含む)

  1. CKD の定義・診断基準
  2. 実践に即したCKD の診断法(早期診断を含む)
  3. CKD の悪化要因とその管理法
  4. 実践に即したCKD の治療法

    食事療法・ACEI療法・皮下補液を中心に

  5. 症例検討

質疑応答

開催日時・会場

東京会場MAP

平成23年3月6日(日)

専売ビルホール

東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F

03-3798-4186

  • JR田町駅三田方面口 徒歩5分
  • 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分
大阪会場MAP

平成23年2月13日(日)

大阪社会福祉指導センター

大阪府大阪市中央区中寺1-1-54

06-6762-9471

  • 地下鉄谷町線,長堀鶴見緑地線 谷町6 丁目駅下車 4番出口(200m)約5 分
  • 地下鉄谷町線,千日前線 谷町9 丁目駅下車 2番出口(北へ500m)約10 分
  • 近鉄大阪線 上本町駅下車 地下道で谷町9 丁目駅2番出口へ
福岡会場MAP

平成23年2月20日(日)

福岡交通センタービル

福岡市博多区博多駅中央街2-1

  • JR博多駅(博多口)から徒歩1分

受講料

  • 会員獣医師:   9,000円 (テキスト代含む)
  • 一般獣医師: 25,000円 (テキスト代含む)
  • 看護師  : 12,000円 (テキスト代含む)

※法人会員登録をされている施設の看護師の方は会員受講料となります。

※昼食は各自にてお願い致します。

開催にあたって

慢性腎臓病(CKD)は依然として多くの犬猫の命を奪う非常に重要な疾患です。多くの場合、典型的な尿毒症症状を呈して初めて発見されるため、治療も余命も著しく制限されているのが現状です。裏を返せば、我々がCKD を、尿毒症を発現するよりも早い段階で発見し、治療を開始することができれば、尿毒症に苦しむ動物を少しでも減らすことができるのではないでしょうか。

そこで今回のセミナーでは、CKD の早期診断のポイントにもウエイトをおきたいと思います。また、尿毒症症状に対して広く行われている皮下補液についても考えたいと思います。CKD は非常に奥深い疾患ですから、1日のセミナーで全てを語り尽くすことはできませんが、日獣大動物医療センター腎臓科で実践している内容、経験している症例などを織り交ぜて主に基本情報を整理しながら(基本情報と言っても、おそらく先生方がご存じない重要な事柄が出てくると思います)、実践に即した内容で解説していきたいと思います。是非ご参加ください。

pagetop