HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 病態生理から考える 循環器疾患の診断と治療

No.GS137 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

病態生理から考える 循環器疾患の診断と治療

~心臓の生理学を基礎から理解し、臨床医として真の実力を養う~

講師

藤井 洋子 先生

麻布大学獣医学部外科学第一研究室 准教授

プログラム

10:00~16:00 (途中、休憩・昼休みを含む)

  1. 負荷に対する心臓の代償
  2. 心不全とは? 心不全の病態生理
  3. 病態からみる診断アプローチ
  4. 病態からみる治療の選択
  5. 症例からみる心臓と他臓器との関わり

質疑応答

開催日時・会場

東京会場MAP

平成23年7月31日(日) 1000~16:00

専売ビルホール

東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F

03-3451-4571

  • JR田町駅三田方面口 徒歩5分
  • 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分
大阪会場MAP

平成23年7月24日(日) 1000~16:00

エル・おおさか

大阪府大阪市中央区北浜東3-14

06-6942-0001

  • 京阪本線・地下鉄谷町線「天満橋駅」より徒歩5 分
  • 京阪本線・地下鉄堺筋線「北浜駅」より徒歩8 分
  • JR 東西線「大阪天満宮駅」より徒歩12 分
  • 京阪本線・地下鉄谷町線「南森町駅」より徒歩12 分
福岡会場MAP

平成23年7月17日(日) 1000~16:00

博多バスターミナルビル 9階

福岡市博多区博多駅中央街2-1

092-474-5280

  • JR・地下鉄 博多駅 筑紫口より徒歩約1分

受講料

会員獣医師:   9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師: 25,000円 (テキスト代含む)

※昼食は各自にてお願い致します。

※参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

どんな分野においても、「どのような機能異常が存在」し「どうしてその機能異常が生じた」のかを知ること(=的確な診断)が適切な治療に結びついていくはずです。どのような機能異常が存在するかを知るには、正常な機能を知っておくことは不可欠です。

そこで今回は、心臓の生理学と心疾患の病態生理に立ち戻り、臨床的な診断と治療にどのように結びついていくのかを解説したいと思います。明日からすぐ使えるパターン化された薬の用量や、内容をよく理解せずに一経験論を参考にすることは、一時的には大きなプラスの情報であるかのように見えるかもしれません。しかし基礎から理解を深めることが臨床医としての真の実力を養うと私は信じています。したがって、本講演では先に述べたような手っ取り早い情報についての内容は、あまり出てきませんのであしからずご了解ください。

また、心臓は全ての臓器とつながっています。他の臓器の異常が心機能異常につながることもあり、またその逆も然りです。心臓だけ切り取って考えるのではなく、Whole bodyで診る・治療する視点をもっていただけるようになることも本セミナーのもうひとつのゴールにしたいと思います。是非ご参加ください。

pagetop