HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 肝酵素値上昇の症例に対する診断アプローチ

No.GS164 東京 大阪 福岡 開催!
本当に肝臓病?

詳細

肝酵素値上昇の症例に対する診断アプローチ

講師

坂井 学 先生

日本大学 獣医内科学研究室 専任講師

プログラム

10:00~16:00(途中、昼食休憩含む)

1.診断に役立つ病態の基礎
  • 肝機能不全
  • 門脈圧亢進症
2.病気を仕分ける腹部超音波検査のコツ
  • 右肋間アプローチ
  • F N A
3.特殊検査の適応疾患を症例から考える
  • C T 検査
  • 肝生検

質疑応答

開催日時・会場

東京会場

平成25年11月3日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1
財団法人 国鉄労働会館

03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
大阪会場

平成25年11月10日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分
福岡会場MAP

平成25年12月8日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

受講料

会員獣医師:   9,000円 (テキスト代含む・税別)
一般獣医師: 25,000円 (テキスト代含む・税別)

※昼食は各自にてお願い致します。

※参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

日々の診察で、肝酵素値上昇の動物に遭遇することは多いのではないでしょうか。特に、臨床症状がない場合にはこのまま経過観察でいいのか、投薬は何をすべきなのか、CT検査や肝生検が必要なのか・・・など悩みは尽きません。近年、大学病院の消化器内科に来院する動物は消化器症状や黄疸、腹水などの臨床症状を呈した動物だけではなく、健康診断や手術前検査の際に肝酵素値の上昇を指摘されたケースが増えています。このような、肝酵素値上昇の動物に対してどのようにアプローチしたらいいのでしょうか?今回のセミナーでは、肝臓病の症状を理解するうえで重要な病態の基礎、病気の仕分けに必要な腹部超音波検査のコツ、さらに確定診断に必要なC T 検査や肝生検をどのタイミングで実施するか、実際の症例を紹介しながら解説する予定です。

pagetop