HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 後肢の脱臼および関節周囲の骨折における外科的治療の実際

No.GS174 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

後肢の脱臼および関節周囲の骨折における外科的治療の実際

講師

左近允 巌 先生

北里大学 獣医学科  動物第1外科学研究室 准教授

プログラム

10:00~16:00(途中、昼食休憩含む)

  1. 股関節脱臼および股関節周囲の骨折治療
  2. 足根関節以遠における脱臼および関節周囲の骨折治療
  3. 膝蓋骨脱臼における外科的整復の実際

質疑応答

開催日時・会場

福岡会場MAP

平成26年6月29日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
東京会場

平成26年7月13日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1
財団法人 国鉄労働会館

03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
大阪会場

平成26年7月27日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分

受講料

会員獣医師   9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師 25,000円 (テキスト代含む)
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

小動物臨床では、先天性もしくは外傷性に生じる脱臼に遭遇する機会は多く、後肢では膝蓋骨脱臼と股関節脱臼の発生率が最も高くなります。これに足根関節以遠の脱臼が続きますが、この脱臼には靭帯の起始および終止部位を含む微細な骨折を伴うことが多く、その整復を併せると脱臼の治療が難しくなる傾向があります。

また、膝蓋骨脱臼は臨床症状によって4段階にグレード分類されますが、グレードと外科的治療の内容は必ずしも一致しません。それゆえ、手術成績の向上には個々の病態に合わせた術式の選択と軟部組織の瘢痕収縮をも考慮した加減が必要になります。後肢に生じる脱臼や関節周囲の骨折は、一般的な整形外科器具とインプラントで手術可能なものが多い一方、術者の外科的手技の巧拙によって予後に差が出やすいことも事実です。

本セミナーでは、臨床の現場で比較的多く遭遇する後肢の脱臼と関節周囲の骨折に焦点を当て、現時点で演者が行っている実際の治療法を詳細に解説します。

pagetop