HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 犬と猫の胃腸疾患アップデート2015

No.GS187 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

犬と猫の胃腸疾患アップデート2015

講師

中島 亘 先生

公益財団法人 日本小動物医療センター 総合診療科・消化器科科長

プログラム

1.特発性慢性腸炎の診断と治療
 ・食事反応性腸症
 ・抗菌薬反応性腸症
 ・ステロイド反応性腸症(炎症性腸疾患)
2.胃腸のリンパ腫の診断と治療
3.その他
 ・Mダックスフンドの炎症性結直腸ポリープ など

質疑応答

開催日時・会場

大阪会場MAP

平成27年10月 4日(日)10:00~16:00

千里ライフサイエンスセンター

豊中市新千里東町1丁目4番5号

06-6873-2010(代表)

  • 地下鉄御堂筋線「千里中央」駅下車徒歩2分
福岡会場MAP

平成27年10月18日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
東京会場MAP

平成27年10月25日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分

受講料

会員獣医師 9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師 25,000円 (テキスト代含む)
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

 犬猫の胃腸疾患においても近年の病態解明、診断、治療の進歩はめざましく、十年前と比較すると成書に記載されている内容も変化してきています。また海外と本邦では飼育犬種などの違いもあることから、海外の論文や成書には記載されていない疾患や、同じ診断名でも治療反応性が異なることもあります。今回の講演では、比較的難治性の胃腸疾患について、この十年間で発表された論文や学会報告、我々の経験をもとにお話しさせていただきます。参加される先生方の知識のアップデートの一助となれば幸いです。

pagetop