HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 適切な治療のために…リンパ腫を診極める!

No.GS190 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

適切な治療のために…リンパ腫を診極める!

講師

藤野 泰人 先生

獣医学博士 DVM, Ph.D
浦安中央動物病院 医療ディレクター

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

1.リンパ腫の診断と病型評価法
2.リンパ腫の病型に基づく寛解導入療法と抗腫瘍薬の使用法
3.治療反応性評価の基本とレスキュー療法
4.リンパ腫と播種性血管内凝固(DIC
5.様々なリンパ腫の予後と予後因子

質疑応答

開催日時・会場

大阪会場

平成28年1月17日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分
東京会場MAP

平成28年1月24日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
福岡会場MAP

平成28年2月7日(日)10:00~16:00

天神クリスタルビル

福岡県福岡市中央区天神4-6-7

092-771-1730

  • 福岡市営地下鉄 天神駅 東1a・東1b 出口より 徒歩4分
  • 西日本鉄道 西鉄福岡(天神)駅北口より 徒歩7分

受講料

会員獣医師 9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師 25,000円 (テキスト代含む)
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

 リンパ腫は小動物臨床において最も頻繁に遭遇する造血系悪性腫瘍であり、進行すると致命的な病態を招く可能性のある疾患です。発症すると多種多様な症状や病態を示すことから、リンパ腫には多くの病型が存在し、個々の病態や病型に対応した治療が求められます。さらにリンパ腫は、播種性血管内凝固(DIC)など様々な重篤な病態を併発することがあり、可能な限り注意を払って治療を考えていかなければならず、ちょっとした見落としが重大な結果に繋がってしまう可能性があります。
 本セミナーでは、手遅れにならないうちにリンパ腫を見落とさず、迅速に診断・病型分類するために必要な情報を把握して頂くとともに、病型に基づいた寛解導入療法を解説していきます。また、抗腫瘍薬の治療反応性が乏しくなってしまった際に、その後の治療展開をどう考えていくかについても実践的に解説していきます。さらに播種性血管内凝固(DIC)などのリンパ腫に併発しうる重篤な病態の診断や対処法、そして多様な病型のリンパ腫における予後と予後因子についても複雑な検査を必要としないスクリーニング検査から評価可能であること、などリンパ腫に関連する臨床情報を熟知して頂けるよう内容を構成しております。多種多様なリンパ腫を診極めて、適切な治療を実施し、多くの患者様を救えるように本セミナーを活用して頂ければ幸いです!

pagetop