HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 救急症例を目の前にあなたはどう動けるか?

No.GS194 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

救急症例を目の前にあなたはどう動けるか?

動画配信あり

講師

中村 篤史 先生

TRVA夜間救急医療センター センター長

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

1.救急症例を目の前にあなたはどう動けるか?
2.ショックは見た目(身体検査)が9割!
3.症例:心タンポナーデ
4.症例:腹腔内出血
5.症例:感染性腹膜炎
6.症例:胃拡張捻転症候群
7.心肺停止を目の前に、あなたはどう動けるか?

 

開催日時・会場

東京会場MAP

平成28年5月15日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
福岡会場MAP

平成28年5月22日(日)10:00~16:00

九州ビル

福岡県福岡市博多区博多駅南1-8-31

092-467-1113

  • JR・地下鉄 博多駅 筑紫口より徒歩約4分
大阪会場

平成28年6月5日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分

受講料

会員獣医師 9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師 25,000円 (テキスト代含む)
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

 救急症例を目の前に、早く何かしないといけないことは頭ではわかっているものの、「どこから手をつければ良いかわからない」といった経験をされる方は多いのではないでしょうか? 救急症例に遭遇した際、死に直結する可能性のある3つの病態、すなわち呼吸器障害、循環および灌流障害、中枢神経障害を考える必要があり、このいずれかに異常がある場合はその処置を優先する必要があります。中でも最も視覚的・感覚的にわかりにくいのが循環および灌流障害であり、これをショックと呼びます。ショックと聞くとイマイチ実感が湧かないと思いますが、子宮蓄膿症、腹腔内出血、腹膜炎、心タンポナーデ、胃拡張捻転症候群、アジソン病と聞くとわりと身近な病態ではないでしょうか? 今回のセミナーでは、疾患を中心に、見逃さないための診療アプローチやそれぞれの治療法を解説します。最後に2012年に公表されたRECOVERガイドラインをもとに心肺蘇生についてもお話しします。
 「いざという時に何を考え、どう動くべきか」これさえつかめば、エマージェンシーの状況でも動じることなく診療を進めることが可能になるでしょう。

pagetop