HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 整形外科領域における基本的な考え方から術式まで

No.GS200 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

整形外科領域における基本的な考え方から術式まで

講師

山口 伸也 先生

YPC東京動物整形外科病院

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

整形外科学的疾患の診断と治療

跛行診断

  • 膝蓋骨内方脱臼の診断と治療
  • 前十字靱帯断裂の診断と治療(小型犬を中心に)
  • 神経学的疾患との鑑別診断

骨折治療の基本

  • 1.5mm/2.0mmLCPロッキングプレートを使用した小型犬の橈尺骨骨折

 

開催日時・会場

福岡会場MAP

平成28年10月23日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
東京会場MAP

平成28年11月6日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
大阪会場MAP

平成28年11月13日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分

受講料

会員獣医師 9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師 25,000円 (テキスト代含む)
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

 一般診療を行っている動物病院では、整形外科学的疾患に罹患した患者さんに遭遇することは避けられません。整形外科学的疾患なんてほとんど遭遇しない、という印象をお持ちの先生がいらっしゃるとしたら、もしかしたら、症状となり得る整形外科学的疾患を見逃しているかもしれません。患者さんおよび飼い主さんの満足を得るためには、各種整形外科学的疾患に関する正確な診断法および治療法についての知識を習得しておくことは、たとえご自身が手術による治療を行わなくても、重要であることは間違いありません。患者さんを二次診療施設に紹介した場合、術後の状態を観察・評価する必要が時としてあります。もし、実施された治療内容について理解できない場合には、主治医である先生御自身も不安ですし、結果として飼い主さん・患者さんを不安にさせてしまう恐れもあるでしょう。
 本セミナーでは、そのようなことが生じないように、各種整形外科学的疾患に対する診断法、そして診断後に行う治療法について、時間のある限り概説したいと思います。
 また、今回のフォーカスとして、トイクラスにおける橈尺骨骨折の整復・固定方法(内固定)を特に詳しく講演したいと思います。100%の機能回復はもちろん、何よりも美しく元通りに歩行できるよう、寸分狂わず整復・治癒させてこそが、オーナーに満足してもらえる絶対条件であると私は考えます。普段の講演では話すことの無い、整復の「こつ」もお教えしたいと考えています。
 是非ご参加下さい。

pagetop