HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » 嘔吐・下痢に対する画像診断アプローチ

No.GS215 東京 大阪 福岡 開催!
超音波検査で次の治療指針を得る

申込
詳細

嘔吐・下痢に対する画像診断アプローチ

215・滝口先生.indd

動画配信あり

講師

滝口 満喜 先生

北海道大学大学院獣医学研究院 獣医内科学教室 教授
北海道大学動物医療センター 病院長

北海道大学獣医学部卒業し、同大学大学院獣医学研究科修士課程を修了
横浜動物医療センター勤務、オハイオ州立大学獣医学部客員研究員、 北海道大学獣医学部助手、同大学院獣医学研究科助手、講師、助教授、 酪農学園大学獣医学部教授、北海道大学大学院獣医学研究科教授を経て現職

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

◆嘔吐・下痢のメカニズム

◆嘔吐・下痢をきたす疾患への画像診断アプローチ

  • 肝臓・胆嚢の超音波検査
  • 膵臓の超音波検査
  • 消化管の超音波検査

質疑応答

開催日時・会場

大阪会場MAP

2018年3月4日(日)10:00~16:00

エル・おおさか

大阪府大阪市中央区北浜東3-14

06-6942-0001

  • 京阪本線・地下鉄谷町線「天満橋駅」より徒歩5分
  • 京阪本線・地下鉄堺筋線「北浜駅」より徒歩8分
  • JR 東西線「大阪天満宮駅」より徒歩12分
  • 京阪本線・地下鉄谷町線「南森町駅」より徒歩12分
福岡会場MAP

2018年3月21日(水・祝)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
東京会場MAP

2018年4月8日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分

受講料

 会員獣医師 9, 720円 (前納料金)(税込・テキスト代含む)ご入会はこちら
一般獣医師 27,000円 (税込・テキスト代含む)
  • 学際小動物セミナー会員(個人会員・法人会員)の通常セミナー受講料は、本年より前納に限り税込9,720円とさせていただきます。
  • 受付作業円滑化のため、事前振り込みのご協力をお願い申し上げます。
  • 当日のお支払の場合受講料は税込10,000円とさせていただきます。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)
  • 昼食は各自にてお願い致します。

開催にあたって

日常の診療において嘔吐・下痢は最も多い来院理由の一つと思われます。急性経過で様子をみているだけで回復することもありますが、対症療法への反応が乏しく、徐々に元気がなくなり、精査目的で二次病院に紹介することになったケースを経験された先生も少なくないのではないでしょうか? 肝疾患や腎疾患と較べて消化器疾患の診断の難しさは、血液検査で消化管の病気を直接反映する指標がないことが挙げられます。それゆえに、消化器疾患の診断には画像診断の果たす役割が極めて大きいといえます。

今回のセミナーでは、嘔吐や下痢をきたす様々な疾患への画像診断アプローチについて、臓器別に解説を試みます。特に、肝臓、胆嚢、膵臓、および消化管の超音波検査にスポットをあて、それぞれの臓器を観察する際のポイントを詳しくお話しします。また、代表的な疾患の超音波画像を示し、特徴的な所見を紹介します。超音波検査で確定診断に至るケースは多くはありませんが、次に何をすればよいのか、その指針が得られることが最大の利点です。今回のセミナーをきっかけに、超音波検査の魅力を改めて感じていただき、明日からの診療のモチベーション向上に少しでもお役に立てれば光栄です。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop