HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » わかる! できる! 軟部外科診療

No.GS216 東京 大阪 福岡 開催!

申込
詳細

わかる! できる! 軟部外科診療

216・鳥巣先生.indd

動画配信あり

講師

鳥巣 至道 先生

宮崎大学農学部附属動物病院 教授

福岡県出身
日本獣医生命科学大学卒業後、同大学で研修医を経験し、同大学大学院に進学。
鷲巣誠先生に師事し、門脈体循環シャントの研究で博士号を取得。
同大学動物医療センターにおいて大学院特別研究生として肝臓病外来を開設。年間約500症例の肝疾患、PSS手術を約300症例経験した。
その後、宮崎大学農学部附属動物病院で准教授に就任、2016年10月より同附属動物病院の教授として日々消化器疾患の外科的・内科的治療を行っており、年間1,000症例以上の紹介症例を治療しながら、研究そして教育に力を入れている。
最近は、産業動物や海洋ほ乳類などの治療も積極的に行い、多数の学会賞を受賞している。

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

1.軟部外科で最も重要な剥離と縫合の理論とやりがちな誤り

*剥離鉗子、止血鉗子、鑷子と3-0ぐらいの縫合糸(針なしでOK)を持参いただくと理解しやすいと思います。

2.電気的デバイスを効率よく使いこなすための理論

3.開腹と閉腹で必要なテクニックの解説

4.意外と知らない生検テクニック!(肝生検、消化管内視鏡生検、消化管全層生検)

5.難症例、苦労した症例の相談コーナー

*申込者から事前に質問を受け付けて、会場でお答えします。

質疑応答

開催日時・会場

大阪会場MAP

2018年3月25日(日)10:00~16:00

大阪府社会福祉会館

大阪市中央区谷町7-4-15

06-6762-5681

  • 地下鉄谷町線,長堀鶴見緑地線 谷町6 丁目駅下車 4番出口(200m)約5 分
  • 地下鉄谷町線,千日前線 谷町9 丁目駅下車 2番出口(北へ500m)約10 分
  • 近鉄大阪線 上本町駅下車 地下道で谷町9 丁目駅2番出口へ
東京会場MAP

2018年4月1日(日)10:00~16:00

日本経済大学 渋谷キャンパス1号館(マリア館)

東京都渋谷区桜丘町24-5

  • JR「渋谷駅」西口より徒歩5分
福岡会場MAP

2018年4月15日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

受講料

 会員獣医師 9, 720円 (前納料金)(税込・テキスト代含む)ご入会はこちら
一般獣医師 27,000円 (税込・テキスト代含む)
  • 学際小動物セミナー会員(個人会員・法人会員)の通常セミナー受講料は、本年より前納に限り税込9,720円とさせていただきます。
  • 受付作業円滑化のため、事前振り込みのご協力をお願い申し上げます。
  • 当日のお支払の場合受講料は税込10,000円とさせていただきます。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)
  • 昼食は各自にてお願い致します。

開催にあたって

軟部外科の手術手技は、一般的に見よう見まねで学んできたことが多いのではないでしょうか?その技術を教えてもらった師匠もひょっとしたら見よう見まねで学んだ技術かもしれません。理論的に手術手技を学んだことがない人も多いと思います。私も若いときから師匠の手術を見て学んできました。しかし、自分の師匠の時代と比較して実際に自分で経験する数はまだまだ少なくなかなか師匠の腕の領域には達しません。師匠より経験数が少ないのに師匠に追いつくはずもありません。少ない経験数で師匠の腕に追いつき追い越すためには効率よく手術手技を学ぶ必要があります。

何故、師匠と同じような方法で手術しているのに、手術時間に差があったり、術創の仕上がりに違いがあったりするのか? いつもそんなことを考えて私は約20年が立ちました。そこで私が学んだことが臨床解剖と病態生理に関する基礎知識の重要さであり、更にいえば手術手技の理論背景の重要性です。

そこで今回私が過去の臨床経験からお話しする内容は、軟部外科に必要な技術の理屈と解剖学の落とし穴についてを整理して、上記のプログラムに落とし込んでお伝えしたいと考えています。他ではなかなか聞けない理屈が盛りだくさんです。なるほど! と思っていただけるようなネタをたくさん仕込んでおきますので、楽しみにしておいてください。

当日は、剥離鉗子、止血鉗子、鑷子と3-0ぐらいの縫合糸(針なしでOK)を持参していただけると、より理解しやすいと思います。皆さんのご来場をお待ちしております。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop