HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » 犬と猫の肝胆膵における炎症性疾患

No.GS221 東京 大阪 福岡 開催!

申込
詳細

犬と猫の肝胆膵における炎症性疾患

221

講師

坂井 学 先生

日本大学 獣医内科学研究室 准教授

1997年日本大学農獣医学獣医学 卒業

2003年日本大学大学院獣医学研究科 獣医学専攻 博士後期 修了

2003〜2009年日本大学生物資源科学部 獣医学科 助手

2009〜2014年日本大学生物資源科学部 獣医学科 専任講師

2014〜現在 日本大学生物資源科学部  獣医学科 准教授

2016〜2017年 ユトレヒト大学獣医学部 Clinical Sciences of Companion Animal(オランダ)客員研究員

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

  1. 消化器の炎症 内科医の考え方
  2. 犬の肝炎 診断と治療
  3. 犬の膵炎 診断と治療
  4. 猫の“三臓器”って、どうなの?

質疑応答

開催日時・会場

大阪会場MAP

2018年10月14日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分
東京会場MAP

2018年10月28日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
福岡会場MAP

2018年11月4日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

受講料

 会員獣医師 9,000円 (前納料金)(税別・テキスト代含む)ご入会はこちら
一般獣医師 25,000円 (税別・テキスト代含む)
  • 法人会員登録をされている施設の獣医師は会員受講料に割引されます。
  • 学際小動物セミナー会員(個人会員・法人会員)の通常セミナー受講料は、本年より前納に限り税込9,720円とさせていただきます。
  • 受付作業円滑化のため、事前振り込みのご協力をお願い申し上げます。
  • 当日のお支払の場合、受講料は税込10,000円とさせていただきます。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)
  • 昼食は各自にてお願い致します。

開催にあたって

「炎症」は動物のさまざまな臓器で引き起こり、獣医療で治療の対象となる中心的な内科疾患です。特に内臓(消化管、肝臓、膵臓、胆嚢など)に炎症を持つ動物では重篤化することも少なくなく、その診断には多くの検査を要することになります。その中で消化管の炎症は、内視鏡検査の進歩により生検することが比較的容易となり、確定診断することができるようになりました。しかし、肝臓(胆嚢、胆管も含む)や膵臓はどうでしょうか? 血液検査や腹部超音波検査により、これらの臓器の炎症が疑うことができても、実際に試験開腹や腹腔鏡検査により肝臓や膵臓を生検し炎症を捉えることは、内視鏡検査ほど容易ではありません。また炎症に対する治療には、ステロイドと抗菌薬が主に用いられますが、自信を持ってこれら薬剤を使用するためには、正確な診断が必須です。
今回のセミナーでは、犬と猫の肝胆膵における炎症性疾患に焦点を当て、これらの診断と治療について実際の症例を紹介しながら解説する予定です。さらに、猫に関しては“三臓器炎”という切り口から、猫の炎症性疾患について解説したいと考えております。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop