HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » 肛門周囲と骨盤腔内手術

No.GS243 東京 大阪 福岡 開催!
~手術の選択肢を増やし、合併症率を下げる~

申込
詳細

肛門周囲と骨盤腔内手術

231

動画配信あり

講師

高木 哲 先生

麻布大学 獣医学部 小動物外科学研究室 准教授
獣医麻酔外科学会理事

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

  1. 合併症の回避に確認すべき解剖(模式図とは違うものをどう認識するか?)
  2. 肛門周囲の手術の注意点
  3. 会陰ヘルニア整復手術・基本手技と考え方
  4. 肛門嚢の摘出手術
  5. 骨盤腔内への各アプローチと選択
  6. 直腸全層および粘膜プルスルー
  7. 質疑応答

開催日時・会場

福岡会場MAP

2020年9月6日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
東京会場MAP

2020年9月13日(日)10:00~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1

財団法人 国鉄労働会館
03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
大阪会場MAP

2020年10月4日(日)10:00~16:00

大阪府社会福祉会館

大阪市中央区谷町7-4-15

06-6762-5681

  • 地下鉄谷町線,長堀鶴見緑地線 谷町6 丁目駅下車 4番出口(200m)約5 分
  • 地下鉄谷町線,千日前線 谷町9 丁目駅下車 2番出口(北へ500m)約10 分
  • 近鉄大阪線 上本町駅下車 地下道で谷町9 丁目駅2番出口へ

受講料

 会員獣医師 9,000円(税別・テキスト代含む)ご入会はこちら
 一般獣医師 27,000円(税別・テキスト代含む)
一般動物看護師 15,000円(税別・テキスト代含む)
  • 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、会場での現金の受け渡しを取り止めとさせていただきます。事前のお振込にご協力をお願いいたします。
  • 法人会員登録をされている施設の動物看護師は会員受講料に割引されます。
  • 学際小動物セミナー会員(個人会員・法人会員)の通常セミナー受講料は、前納に限り9,000円(税別)とさせていただきます。
  • 参加取り消しの場合は、開催8日前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)
  • 昼食は各自にてお願い致します。

セミナーのお申し込みはこちら

ご自宅やクリニックでもご受講いただけます!

goa_banner goa_image2

  1. 当日の会場の雰囲気を
    そのままに無編集でお届け!
  2. 音声 or 文字チャットで 質疑応答にご参加いただけます!
  1. リピート受講で理解を深める!
  2. ライブ配信を見逃した方も安心
  3. 復習しやすいよう
    チャプターごとに再生できます!

受講料

19,000円(税別)

ご受講の流れ

事前環境確認やご受講の流れなど詳細はこちらのページ

配信期間

ライブ配信:9/13(日)10:00〜16:00申込締切:9/11(金)12:00
オンデマンド配信:10/13(火)~1/17(日)申込締切:1/6(水)12:00

douga_mousikomi_banner

開催にあたって

外科手術がうまくいくということを突き詰めると合併症が生じないことだと私は思います。そこで、本セミナーでは特に合併症が生じやすい肛門周囲と骨盤腔内の手術に焦点を当ててどのような症例にどう「考えて」どの手術法を選択しているか、手術法の選択や組織の分離など様々な選択肢を提供することを目的とします。確実な手術は組織の違いを認識することから始まりますが、このようなことは教科書等にはあまり書かれていません。

また、縫合針を通すポイントや剥離の方法などは非常に重要な基礎手技ではありますが、手術手技に特化して実践的な内容を重視すると各論となり、エビデンスを示すことが難しく、いわゆる「自分のやり方」を紹介することになります。しかし、どのようにそれぞれの組織の違いを「認識し」「考えて」「自分のやり方」を選択しているかを伝えることで、有効かつ効果的な手術の選択肢を増やすための知識を動画も使ってこのセミナーで提供したいと思っています。また、手術の合併症についてよく理解し、どのようにこれを回避すべきか再度確認することで、高い緊張感をもって手術に臨むことができる深い知識を提供することを目的としています。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop