HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » 心拡大のその先へ僧帽弁閉鎖不全症を心エコーで層別化する

No.GS244 東京 開催!
心肺エコー ステップアップセミナー

申込
詳細

心拡大のその先へ僧帽弁閉鎖不全症を心エコーで層別化する

オンデマンド配信申込み

No244-1

動画配信あり

講師

中村 健介 先生

北海道大学大学院獣医学研究院  准教授

プログラム

第1部 心不全

  • ACVIM consensus statement 2019のおさらい
  • Stage C(心不全)をエコーで判断する

第2部 肺高血圧症

  • ACVIM consensus statement 2020について
  • 診断〜右心と肺動脈をみる方法〜
  • 治療〜肺血管拡張薬の考え方〜

開催日時・会場

東京会場

2021年10月10日(日)10:00~16:00

※12月1日(水)から配信のオンデマンド配信のみとなります。

受講料

オンラインアカデミー受講料

【オンデマンド配信(1ヶ月間)】
会員 9,000円(税込9,900円)
一般 27,000円(税込29,700円)

オンデマンド配信申込み

ライブ配信・オンデマンド配信ご受講の流れ

2021_ondemand_schedule

事前環境確認やご受講の流れなど詳細はこちらのページ

配信期間

オンデマンド配信:12/1~

開催にあたって

昨年のセミナーから約1年半が経過しての今回。この期間に世の中は想像を絶する程に大きな変化を遂げましたが、獣医循環器病学においてもリアルワールドでの診療方針を左右し得る3つの大きなconsensus statementがアメリカ獣医内科学会ACVIMから出されました。1つは昨年のセミナーでも触れた僧帽弁逆流に関するアップデート、もう1つは肺高血圧症に関する新たなステートメント、さらに猫の心筋症に関するステートメントまで発表され、獣医循環器病学においては近年まれに見る程に情報が溢れかえっている年となっています。本講演では、昨年からのステップアップとして、本年は犬に的を絞り、僧帽弁逆流から生じる「心不全」と「肺高血圧症」の2つの重大な合併症について、如何にエコーを駆使して診断し、治療計画を立てるか、について解説します。

オンデマンド配信申込み

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop