HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 細胞診標本の観察と評価・診断 養成実習

No.MS21 東京 大阪 開催!
第4回プレパラート観察実習 眼力トレーニング ― 細胞診 ―

細胞診標本の観察と評価・診断 養成実習

~見る力を標本で鍛え、臨床への活用を目指す~
※本セミナーは事前申込みが必要となります。

講師

盆子原 誠 先生
日本獣医生命科学大学 獣医臨床病理学 講師
インストラクター
田村 恭一 先生
八木原 絋子 先生

定員

23名 (各会場)

プログラム

ポイント

  • 一人一台顕微鏡を用意し、じっくり観察してもらいます。
  • 細胞診標本を観察し、評価・診断力を養う。
  • 不明なところは、その場で確認することが可能。

開催日時・会場

東京会場MAP

平成20年7月27日(日)10:00~16:00

学際企画 研修室

東京都豊島区南池袋2丁目27番地17号 黒田ビル2階

03-3981-7289(当日のみ有効)

  • JR山手線、地下鉄丸の内線・有楽町線 池袋駅下車 西武東口より徒歩3分
大阪会場MAP

平成20年8月3日(日)10:00~16:00

大阪府社会福祉会館

大阪市中央区谷町7丁目4番15号

06-6762-5681

  • 地下鉄谷町線 谷町6丁目駅下車4番出口(200m) 約5分
  • 地下鉄長堀鶴見緑地線 谷町6丁目駅下車4番出口(200m) 約5分
  • 近鉄大阪線 上本町駅下車 地下道で谷町9丁目駅2番出口へ

受講料

【前納制】
会員:29,000円(資料代含む)
一般:39,000円(資料代含む)
(会員・一般共実習材料費 3,000円(税別)は別途)

開催にあたって

細胞診は小動物診療においてきわめて有用な検査手法です。細胞診に必要な機材は注射筒や針、顕微鏡、染色液など、どの病院にもすでにあるものばかりで、標本を評価する眼さえ養えば明日から直ちに現場で活用できる検査法です。また、結果が迅速にわかるため、治療の方向性や必要な追加検査をその場で飼い主に説明する事が可能となります。このように現場での有用性が高いにもかかわらず、細胞診を実践されている先生方は少ないように思われます。日常の検査でレントゲン読影を得意とされている先生方は多いのに、なぜ細胞診は・・・・?おそらく実際の標本を見て学ぶ機会が少ないため自信がもてないと言うのが最も多い理由ではないでしょうか。本の写真やプロジェクターに投影された典型像ばかり見ていても、なかなか実践的な力は身に付きません。

この実習では、日々の診療で作製したバリエーション豊かな細胞診標本(主に腫瘍)をしっかり観察して頂きます。これらの標本を使って、何に注目すればいいのか、標本の中からどのように典型像をみいだすのか、どのようなレベルを悪性の基準とするのかなど、様々な鏡検テクニックを解説します。そして、実際にこれらの標本を鏡検して頂き徹底的に眼力を養ってもらえればと考えています。

pagetop