HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » ピンとワイヤーを用いた後肢の骨折整復術

No.MS56 東京 大阪 開催!【実習】
定員制 ※参加には事前登録が必要です。

申込
詳細

ピンとワイヤーを用いた後肢の骨折整復術

〜各固定法の原理と手技を習得する〜

56.indd

講師

枝村 一弥 先生
日本大学獣医外科学研究室 准教授
日本大学動物病院整形外科 小動物外科専門医
協力
株式会社オサダメディカル
株式会社ナカニシ

定員

各会場 32名限定

  • 本実習は第207回学際小動物セミナー
    「簡単にできるが奥が深いピンとワイヤーを用いた骨折整復術」の受講者が最優先となります。

プログラム

実習のポイント

●ピンとワイヤーを用いた後肢の骨折整復術についての正しい手技を習得する
●ピンとワイヤーを用いた整復術の固定強度を理解し、適応と限界を把握する

 

実習プログラム

午前 10:00-12:00
●大腿骨大転子骨切り術とテンションバンドワイヤー法による固定
●大腿骨長斜骨折に対する髄内ピンとサークラージワイヤーによる整復術
●大腿骨遠位端骨折に対するクロスピンによる整復術

午後 13:00-16:00
●脛骨稜転位術とピンによる固定
●脛骨骨折に対する髄内ピンとサークラージワイヤーによる整復術
●脛骨内果骨折に対するテンションバンドワイヤー法
●踵骨骨折に対するテンションバンドワイヤー法
●中足骨骨折に対するピンニング

質疑応答

開催日時・会場

大阪会場MAP

平成29年9月3日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分
東京会場MAP

平成29年9月23日(土・祝)10:00~16:00

日本経済大学 渋谷キャンパス

東京都渋谷区桜丘町8-24

  • JR「渋谷駅」西口より徒歩8分

受講料(税別)

※ 参加希望の方はお早めにお申し込みください。定員に達し次第、締切となります。
※ 申込者には受講証・会場案内図・請求書・持参品リストをご送付致します。

会員獣医師:    39,000 + 実習材料費60,000円
一般獣医師:    59,000円 + 実習材料費60,000円

※参加取り消しの場合は開催2週間前迄にご連絡頂ければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します(上記以後のご返金はできません。代理出席は可。但し個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を承ります)。
※銀行振込の場合、領収書を発行致しませんので必要な場合はご連絡下さい。

開催にあたって

 ピンとワイヤーを用いた骨折整復術は、低コストでいずれの施設においても実施することができる。しかし、適切に実施しないと、他の内固定法よりも、再骨折、癒合不全、遷延癒合、感染といった合併症が生じやすいのも事実である。そのような合併症を招かないためには、ピンとワイヤーを用いた整復術の適応を熟知し、その正しい手技を習得することが重要である。そこで、今回は骨モデルを用い、多くの骨折パターンに対し、ピンとワイヤーのみを用いて固定する実習を企画した。本実習は、髄内ピン法、サークラージワイヤー、テンションバンドワイヤー法、クロスピン法を行う際のインプラント選択と基本手技を同時に学ぶことのできるまたとない機会である。さらに、それぞれの手技を行った後に固定強度を確認することで、各固定法の限界を知ることもできる。このように、本実習では成書を読むだけでは学ぶことのできない多くの情報を得ることができるため、是非とも参加して技術の研鑽をする場として活用して頂きたい。本実習を通じて、ひとりでも多くの獣医師が、ピンとワイヤーを用いた骨折整復術の正しい手技を習得し、適応および限界を把握して頂けたら幸いである。

実習材料

中型犬後肢骨模型
キルシュナー鋼線(6種類)
ワイヤー(3種類)

器具

パワードリルおよびアタッチメント類はご用意します。

持参器具

ピンチャック
チャックハンドル
ワイヤーツイスター(2本)
骨把持鉗子(2本ほど)
レトラクター(数本)
ピンカッター
ワイヤーカッター
スクラブスーツ
手術用グローブ(3双ほど)
※実習で使用した後肢骨模型はお持ち帰りいただけます。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop