HOME » 獣医学系 » セミナー情報 » 産科救急 実技講習会

No.MS69 東京 開催!【実習】
日本の小動物救急医療 Two Top

申込
詳細

産科救急 実技講習会

MS69

講師

中村 篤史 先生

TRVA夜間救急医療センター センター長

川瀬 広大 先生

札幌夜間動物病院 院長

協力
株式会社野澤組

定員

24組

プログラム

10:00~16:30(途中、休憩・昼休みを含む)

【講義】

1.産科総論    担当:Dr.中村
  1. 正常分娩を理解する
  2. ここが難しい! 難産の判断
  3. 難産の内科治療について
2.難産への対応  担当:Dr.川瀬
  1. 産科の麻酔
  2. 会陰切開
  3. 帝王切開
  4. 新生児蘇生

【実習】

1.新生仔モデルを用い、現場を想定した胎仔蘇生
  1. 胎膜および胎盤の除去
  2. One Puffを用いて気道内の液体吸引と体表マッサージ
  3. 心肺停止時の新生仔人工呼吸と心肺蘇生法
  4. 臍帯の結紮・離断
2.シュミレーション&ケーススタディ

実際の症例を提示します。今日学んだことのまとめとして皆さんと一緒に考え、判断力を鍛えましょう。

開催日時・会場

東京会場MAP

2019年10月20日(日)10:00~16:30

中央動物専門学校

東京都北区東田端1-8-11

03-3819-1111

  • JR山手線・京浜東北線「田端駅」北口より徒歩4分
  • 日暮里・舎人ライナー「赤土小学校前駅」より徒歩10分

受講料

◆受講料・前納制(動物看護師1名参加無料)

会員獣医師: 48,000円(税別)+実習材料費8,000円
一般獣医師: 75,000円(税別)+実習材料費8,000円

動物看護師を2名以上同伴する場合は1名につき下記の料金を申し受けます。

法人会員動物看護師: 9,000円(税別)
個人会員動物看護師:12,000円(税別)
一般動物看護師  :18,000円(税別)

※獣医師は上記の受講料になります。獣医師を同伴することはできません。
※動物看護師は獣医師を補助するための知識と方法の習得を目的として参加していただきます。
※動物看護師のみの参加はご遠慮願います。
※参加希望の方はお早めにお申し込みください。定員に達し次第、締切となります。
※申込者には受講証・会場案内図・当日の持参品リスト・ご請求書をご送付致します。

  • 参加取り消しの場合は、開催3週間前迄にご連絡頂ければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します (上記以後のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を承ります)。
  • 銀行振込の場合、その控えが領収証の代わりとなりますので基本的には弊社より領収書を発行致しませんが、必要な場合はご連絡下さい。

開催にあたって

産科救急の実症例をもとにシュミレーション&ケーススタディを行い「救急産科対応力」を身につけていただきます
 犬、猫のお産はいつ、どのようなタイミングで遭遇するかわかりません。初産、妊娠の失敗を経験している母体、そして緊急的に帝王切開を行わなければならない難産症例など、様々な状況に対応するための準備は十分にしておきたいものです。
 産科救急は、経験的な手法が多く、理論的な解釈が十分でない中、僕たち夜間救急の現場では、比較的多くの難産症例に遭遇し、その場での判断が必要とされます。また、そのなかで、獣医師のみならず動物看護師含めチームワークが必要な状況でもありことはいうまでもありません。
 今回のセミナーでは、産科救急(難産症例)に対する理論的な基礎を座学で学び、現場で必要な知識を確認します。また、産科救急の実症例をもとにシュミレーション&ケーススタディを行い、チームワークを高めます。さらに、新生児蘇生に関しては、犬、猫新生仔用人工呼吸器―One Puff(ワン・パフ)―を用いて、現場を想定した新生仔蘇生体験実習を行います。夜間、実際に難産症例に多く遭遇した僕たちだからこそできる講演・実習セミナーであると思います。救急現場は実践経験がモノを言う分野です。これを機に、知識と経験を結びつけていただき、「救急産科対応力」を身につけていただけばと思います。多くの先生方、動物看護師の方々に参加していただけることを楽しみにして会場でお待ちしております。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop