HOME » e-ラーニング »

テーマ4

ログイン
申込

認知症の人の美味しく豊かな食事提供に向けて

総講義時間:約1時間20分
受講料(スライド資料集代含む・税込):12,000円

 認知症の人に対する食事支援は、決して難しいものではなく、誰もができる「ちょっとした環境の工夫」であることが多く,認知症の人にかかわる皆様の豊かな想像力と創造力によるところが大きいのです。そのときに脳機能を踏まえた支援方法も知っておくと、よりその人に見合った環境づくりが行ないやすくなります。ただし、認知症の原因疾患や進行経過によって嚥下障害を伴いやすい場合があるため、専門職による連携も不可欠です。多職種がそれぞれの専門性を発揮しながら,認知症の豊かな食事環境づくりに向けて智慧を出し合い、最善の環境を提供していくことが望まれます。認知症の人の食べる喜びを、どのように支えていくことができるのか、是非ご一緒に考えてみませんか。

講座内容

【講師】山田 律子 先生

(北海道医療大学 看護福祉学部 教授)

講義1 「人間にとっての食べることの意味と食べるために必要なからだのしくみ」約20分
講義2 「認知症の基礎知識」約6分
講義3 「認知症が食事に及ぼす影響と食支援の視点」約15分
講義4 「認知症の原因疾患別にみた摂食・咀嚼・嚥下障害の特徴と食支援」約30分
講義5 「認知症の人の食行動と食環境づくり」約10分

受講者の方のログイン画面はこちら

pagetop