HOME » 歯学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 【オンデマンド配信】口腔ケアを運動機能の発達から紐解く

No.701 東京 大阪 福岡 開催!
口腔機能のアセスメント力をアップするための基礎知識

詳細

【オンデマンド配信】口腔ケアを運動機能の発達から紐解く

701・元開先生_オンデマンドチラシ_ol

douga_mousikomi_banner

講師

元開 冨士雄 先生

げんかい歯科医院 院長(横浜市開業)
NPO法人口腔健康推進協会サークルi 代表

  • 昭和57年 日本大学 歯学部卒
  • 同年   日本大学歯学部 小児歯科学教室入局
  • 平成2年  横浜市青葉区にて「げんかい歯科医院」開院

【役職】 BSC(バイオプログレッシブスタデイクラブ) 元理事、NPO法人 口腔健康推進協会 サークルi  代表

プログラム

10:00~16:00(昼休憩・コーヒーブレイク含む)

1.Whatʼs Oral Care

⽬指すのは⼝腔衛⽣管理ですか、⼝腔機能管理ですか

2. ⼝腔機能の特性を知る

⼝腔機能⾃動制御システム

3. ⼝腔機能はどのようにして発達するのか

胎児期からの姿勢運動発達に⾒る⼝腔機能発達

4. ⼝腔機能を感覚運動発達として捉える

第⼀段階 『⽀える』⼝腔機能を⽀える体幹の姿勢深層筋

第⼆段階 『構える』筋の中間位による⾃動調整システム

第三段階 『調 整』リズム圧感覚

開催日時・会場

東京会場MAP

2020年9月13日(日)10:00~16:00

※4月19日より変更になりました。
新型コロナウィルス感染防止のため、会場定員の半分以下の人数に制限して座席は間隔を確保しております。

東京会場は制限人数に達しましたのでご来場による受講を締切とさせていただきます。

研究社英語センタービル地下2階 大会議室

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2

03-3269-4331

  • JR総武線飯田橋駅西口から徒歩3分※中央線は通過します。総武線をご利用ください。
  • 地下鉄 有楽町線・東西線・南北線・大江戸線飯田橋駅神楽坂B3出口徒歩3分
福岡会場MAP

2020年3月1日(日)10:00~16:00

満員御礼 好評につき終了しました

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
大阪会場MAP

2020年3月15日(日)10:00~16:00

満員御礼 好評につき終了いたしました

大阪科学技術センター

大阪市西区靭本町1-8-4

06-6443-5321

【大阪駅・新大阪駅から】

  • 地下鉄御堂筋線本町駅下車、2番出口、西へ徒歩7分
  • 地下鉄四ッ橋線本町駅下車、28番出口、北へ徒歩3分
  • 地下鉄四ッ橋線肥後橋駅下車、7番出口、南へ徒歩5分

【天王寺・難波駅から】

  • 地下鉄御堂筋線本町駅下車、2番出口、西へ徒歩7分
  • 地下鉄四ッ橋線本町駅下車、28番出口、北へ徒歩3分

受講料

学際デンタルセミナー会員
9,000円(税別・テキスト代含む)ご入会はこちら
一般歯科医師 35,000円(税別・テキスト代含む)
歯科衛生士・歯科技工士等 15,000円(税別・テキスト代含む)

※学際デンタルセミナー会員(個人会員・法人会員)の通常セミナー受講料は、前納に限り税別9,000円とさせていただきます。

  • 当日のお支払の場合、受講料は税込10,000円とさせていただきます。
  • 感染リスク軽減のため現金の受け渡しを取り止めとさせていただきます。事前のお申込み・お振込にご協力ください。
  • 参加取り消しの場合は,開催8日前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を差し引いて返金いたします。それ以後のご返却はできません(代理出席可:会員の代理に会員以外が出席される場合は差額を申し受けます)。

オンラインアカデミー受講料

ライブ配信 9,000円(税別)
オンデマンド配信(会場来場者・ライブ配信受講者のみ) 5,000円(税別)
オンデマンド配信(ライブ配信締切以降) 19,000円(税別)
  • 既に配信中のオンデマンド配信につきましては、翌営業日以降の視聴開始となります。


douga_mousikomi_banner

ライブ配信・オンデマンド配信ご受講の流れ

事前環境確認やご受講の流れなど詳細はこちらのページ

配信期間

ライブ配信:9/13(日)10:00〜16:00 申込締切:9/11(金)12:00
オンデマンド配信:10/13(火)~1/13(水)申込締切:1/6(水)12:00

開催にあたって

急激に⾼齢化社会が広がるなかで様々な分野においてパラダイムシフトが起こり始めています。私たち⻭科医療においてもそれは同様です。これまでのキュア中⼼の量的な診療からケア中⼼の質的な診療へと転換が求められています。⾼齢社会となったことで⼝腔のもつ働きが「⽣きるすべて」だと認識されたことで、⼝腔全体を包括した質の⾼い⼝腔機能を獲得する⻭科医療が求められ始めています。
そうした社会の変化に対しオーラルフレイルをはじめ⼝腔機能低下症など⼝腔機能に対応した新たな造語がにわかに出現したのですが、明確な定義や基準やアセスメントを設定するのも難しい状況です。そのため、⼝腔ケアは⼝腔機能が低下し回復する⾒込みのない⽼⼈に対しこれまでの⼝腔衛⽣管理が中⼼となって行われています。こうした⼝腔ケアは、効果を発揮する反⾯、対処療法的なケアであるために継続するしかなく重荷になることが問題となっています。
今後、社会が質の⾼いQOLを求める流れは加速するでしょう。そうなると⼝腔ケアも要介護や虚弱になった⾼齢者からフレイルが始まる前の年代層、さらには壮年層や⻘年層を⾶び越え成⻑期の⼦供に対しても⼝腔機能の向上と再獲得を⽬指した⼝腔機能ケアの時代が来ると思われます。あなたも今から⼝腔機能ケアを診療に取り⼊れる準備をしてみませんか。

オンデマンド配信お申し込みはこちら

pagetop