HOME » 歯学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 【オンデマンド配信】乳幼児期からの口腔機能育成

No.715 東京 開催!
講義編 ~全身・口腔の状態から見た離乳食の進め方~

詳細

【オンデマンド配信】乳幼児期からの口腔機能育成

No715

講師

外木 德子 先生

医療法人社団 守徳会 とのぎ小児歯科 院長

プログラム

10:00~16:00(昼休憩含む)

1.乳幼児の正常な発育について

・全身発達、口腔の発育、感覚統合の視点から正常を知って異常を見つける!

2.乳児期の口腔機能育成について

・授乳期で、観察すること・アドバイスの内容など

3.離乳食期:口腔内の発育を踏まえた離乳食の進め方

・ごっくん期、口唇食べ期、舌食べ期、歯ぐき食べ期、歯食べ期における指導のポイント

4.幼児食期:口腔機能を育成する食育の考え方

・口腔機能を育成する基礎を作るための最終段階の時期での指導ポイント

5.診療室での指導について

・問診内容、観察ポイント、記録の取り方、指導の仕方など

開催日時・会場

東京会場MAP

2021年6月20日(日)10:00~16:00

駐健保会館 4F 大会議室

東京都港区芝3-41-8

財団法人駐留軍労働福祉財団
03-3452-3461

  • JR山手線・京浜東北線 田町駅 三田口(西口)より 徒歩10分
  • 都営地下鉄三田線・浅草線 三田駅 A10出口(日本電気口)より 徒歩5分

受講料

学際デンタルセミナー会員 9,000円(税込9,900円)(テキスト代含む)ご入会はこちら
一般歯科医師 35,000円(税込38,500)(テキスト代含む)
歯科衛生士・歯科助手 15,000円(税込16,500円)(テキスト代含む)
  • 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、会場での現金の受け渡しを取り止めとさせていただきます。事前のお振込にご協力をお願いいたします。
  • 参加取り消しの場合は、6月9日(水)迄にご連絡頂ければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します(左記以後のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を承ります)。
  • 領収書が必要な場合はご連絡ください。
  • 学際デンタルセミナー会員(個人会員・法人会員)の通常セミナー受講料は、前納に限り税込9,900円となります。
  • やむを得ず当日のお支払の場合は、受講料は税込10,000円とさせていただきます。

オンラインアカデミー受講料

【ライブ配信】
会員 9,000円(税込9,900円)
一般 35,000円(税込38,500円)
【オンデマンド配信(1ヶ月間/会場来場者・ライブ配信受講者のみ)】
会員 5,000円(税込5,500円)
【オンデマンド配信(1ヶ月間)】
会員 9,000円(税込9,900円)
一般 35,000円(税込38,500円)
  • ライブ配信受講の開催1週間前に、メールにて入場URL、パスワードをご送付申し上げます。
  • 申込者により6月9日(水)迄までにキャンセルの申し出をされた場合、受講費の手数料10%を差し引いて銀行口座へご返金いたします(上記以後のご返金はできません。代理受講は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を承ります)。

オンデマンド配信

ライブ配信・オンデマンド配信ご受講の流れ

2021_ondemand_schedule

事前環境確認やご受講の流れなど詳細はこちらのページ

配信期間

ライブ配信:6/20(日)10:00〜16:00 申込締切:6/17(木)10:00
オンデマンド配信:8/1~

開催にあたって

口腔機能は、一般に哺乳開始時から始まり乳歯が萌出することで目覚ましく発達していきます。しかし、心身の発達に個人差があるのと同様に歯の萌出状態にも個人差があり、その差は近年さらに広がってきています。そのことを考慮すると今までの様に単純に月齢で離乳食を進めて行くことに問題はないでしょうか? 例えば、心身に発達障害が無くても歯牙の萌出が遅い子供達は多く存在します。その子供達が不適切な食育指導により様々な障害を発生してしまう可能性があります。
具体的には、うまく咬めない、飲み込めないことから十分な栄養が摂取できない、偏食になるなどの弊害が予想されます。また口唇力や舌の正しい動きが養われない、丸呑みの癖がつく、異常嚥下癖を惹起させるなど様々な問題も生じてきます。それらは、舌癖や口腔周囲筋の機能不全を引き起こし、構音障害、摂食異常さらには歯列・顎発育不全、口呼吸への移行などへとつながっていくことが考えられます。そして、これらの口腔機能障害は、小児期だけでなく成人期のQOLの低下を引き起こし、さらには老齢期のオーラルフレイルを加速させ、誤嚥性肺炎のように生命予後にも関わるような悪影響を及ぼすことも容易に想像できます。一方で、小児期に口腔機能、顎形態を正常の基準まで育てておけば、成人期以降のQOLの向上に大きく貢献すると思われます。 そこで我々歯科医師は、健全な口腔機能の育成が、乳幼児期から始まっていることを再認識し、口腔内の状況や全身の発達状態も加味した食育の必要性を発信していくことが大切であると考えます。そのような視点で、明日からの臨床に役立てていただけるよう臨床経験をもとにお話したいと思います。

オンデマンド配信お申し込みはこちら

pagetop