HOME » 歯学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 第3期MTM・インプラント矯正実習講座

No.D-23 開催!
基本から補綴前処置・歯周組織再生まで・・・身につく臨床力

詳細

第3期MTM・インプラント矯正実習講座

=受講期間中に大多数の受講生がご自身の臨床に取り入れています=

講師

林 治幸 先生

神奈川県横浜市開業

定員

受講者限定1年コース 20 名限定

プログラム

第1回6月13日(日)

1.オリエンテーション
  • 矯正治療だからできる「歯牙移動を用いた再生療法」
  • 歯根膜内で起こる変化を利用した「矯正移植」
  • 資料の整理とパワーポイントの使い方
  • (実習)エクストルージョンに必要なワイヤーベンディング

第2回8月22日(日)

2.インプラント矯正
  • (実習)植立の実習とそれに付随したワイヤーベンディング
  • (症例相談)

第3回10月3日(日)

3.小臼歯遠心移動
  • (実習)遊離端症例をどう対応するか(小臼歯遠心移動により可能となるBr,インプラント)
  • (実習)ブラケットとミニインプラントによる移動
  • (症例相談)

第4回12月19日(日)

4.ブラケットを利用した簡単なMTM(実習)(スリーインサイザー、補綴前処置のMTM)
  • ブラケットの種類とその選択
  • (症例相談)

第5回2月6日(日)

5.症例解説・ケースプレセンテーション 症例相談,トピックス解説

第6回4月3日(日)

6.症例解説・ケースプレゼンテーション 症例相談,トピックス解説

※セミナーは毎回午前10時開始,午後4時終了となります。

開催日時・会場

第1回 2010年 6月 13日 (日)
第2回 2010年 8月 22日 (日)
第3回 2010年 10月 3日 (日)
第4回 2010年 12月 19日 (日)
第5回 2011年 2月 6日 (日)
第6回 2011年 4月 3日 (日)

各回とも10:00~16:00

YDM日暮里ビル 研修室

東京都荒川区西日暮里2-33-19

  • JR山手線、京浜東北線 「日暮里駅」・「西日暮里駅」下車 徒歩7分

受講料

  • 学際21世紀会会員 360,000円 (器材・昼食代別途 30,000円)
  • 一般歯科医師 390,000円 (器材・昼食代別途 30,000円)

お支払い方法

※3回の分割または一括払いが選択できます(金利なし)。
※初回のお支払は,開催日の1ヶ月前までにお願いします。
※下表は分割払い方法です(受講料・器具・昼食代含む)(税別)。

  • 会員 (初回)150,000円  (2回目以降)120,000円×2回
  • 一般 (初回) 180,000円 (2回目以降)120,000円×2回

※すべて税別価格です。

開催にあたって

このセミナーではMTMの習得と一般臨床への応用を実際にできるようにすることを目的にします。矯正治専門医が行う専門的な治療ではなく、一般臨床に必要な矯正治療を主に行います。

矯正治療はその効果を知ると一般臨床で大いに役立ちます。ペリオ、審美、補綴、移植、インプラント・・・その応用は多岐に渡ります。具体的な臨床に則した矯正治療の効果を記載すると、

・深いポケットを改善する!
・水平的骨吸収してしまった歯槽骨を再生させる!
・付着歯肉を獲得できる!
・補綴前処置としてガムラインをそろえる!
・小臼歯を遠心移動させることにより義歯から開放される!
・確実な歯牙移植ができる!
・インプラントに必要な吸収しないし歯槽骨が得られる!
といった今まで考えもつかない応用が可能です。

実際の効果を確認したい方は「歯牙移動を用いた再生療法」「インプラント矯正入門」「矯正移植」「包括的歯科治療へのアプローチ」「歯牙移動による歯周組織再生療法」(砂書房)等を参考にしていただければ理解しやすいのではないかと思います。

1年間の受講期間中に、セミナーと並行して幾つかの臨床例を成功してもらいたいと思います。そして最後には参加者でケースプレゼンテーションできるようになるのが最終目標となります。ケースプレゼンテーションすることにより、単にできるようになるだけでなく、自己分析と反省を得ることができます。それはセミナー終了後も発展する基になると思うからです。

本セミナーの特 徴

  • 簡単なインプラント矯正の習得
  • MTMに必要な簡単なワイヤーベンディング
  • ブラケットを使ったMTMの習得
  • 自分の患者の治療方針の組み立て実行
  • ケースプレゼンテーションをやってみよう
  • 資料をそろえて症例相談

本セミナーの目 的

MTMおよびインプラント矯正の習得

自分の患者の症例の治療と、そのケースプレゼンテーションが(パワーポイントまたはOpenOffice等で)できるようになる(セミナー終了までにいくつかの症例を終わらせる)。

各自用意するもの
  • ノートPC(ケースプレで使用します)
  •  バードビークプライヤー
  • エンドカッター
  •  ピンセット
  • 筆記用具 等

※詳しくはお申込み後にご案内します。

注意事項

実習で使用する材料類,昼食代は,器材・昼食費に含まれております。但しいくつかの持参品・ノートパソコン等は自前にてお願いします。
キャンセルは開催日の3週間前までお受けいたします。それ以後のキャンセルの場合,初回支払分はご返却いたしませんのでご了承ください。

◎本セミナーで学んだことは,すぐにご自身の臨床に活かしきりましょう。

1.どうしたら上達するのか
  • 目標は今日の自分より明日の自分の方が少しでも上手くなっている。
  • そのためには現在の自分の能力を把握する。
  • 自分の行った症例をまとめて蓄積する。
  • それを分析して、良い点・悪い点を把握する。
  • 次の症例では悪かった点を改善する。
  • 再び症例のまとめと蓄積・分析
  • 次々の症例では更に改善・・・。
2.基礎能力の強化
  • 読影に耐えるレントゲン
  • ものを言う写真
  • 1症例の経過を蓄積・比較する(パソコンでの比較ができる)。
3.経過の蓄積と考察
  • 多数症例の比較
4.質問と・不明な点をわかりやすくまとめる
  • 何がわからないのか?どうしたいのか?自分なりにまとめる。
  • 質問をPCでまとめて伝える(資料は大丈夫?足りないものはないか?)。
pagetop