歯科・獣医セミナーの学際企画

No.621 これからの義歯療法における新たなる選択肢 インプラントオーバーデンチャー

これからの義歯療法における新たなる選択肢 インプラントオーバーデンチャー

講師

亀田 行雄 先生

かめだ歯科医院 理事長(埼玉県川口市)
日本顎咬合学会 副理事長
日本臨床歯周病集談会 副会長

プログラム

10:00~16:00(途中、昼食休憩含む)

これからの義歯治療とインプラント治療
  1. なぜ今IODなのか?
  2. 日本だからこそIODが求められてくる
  3. インプラントしない先生でも必要となるIOD
無歯顎患者における下顎2-IOD
  1. IODのエビデンス
  2. 必要な解剖の知識 ~舌下動脈・舌孔
  3. どこに,何本埋入すべきか?
  4. アタッチメントは? ~ボール・バー・マグネット・ロケーター
  5. 義歯製作のポイント ~閉口機能印象法
PDやIODにも応用できる吸着義歯コンセプト
  1. 明日から役に立つ義歯辺縁形態のヒント
  2. フレームカットバックトレーによる概形印象
  3. 各個トレー外形線の記入法(模型デモンストレーション)
無歯顎患者における上顎IOD
  1. 上顎における埋入本数と位置
  2. 上顎IODの注意点
1本のインプラントで変えるパーシャルデンチャー
  1. 遊離端義歯へのインプラントの応用
  2. インプラントパーシャルデンチャーにおけるアタッチメントの選択
  3. 奥噛み習慣とハイジーン
質疑応答

(実際のIOD症例の術前~術後まで撮影したビデオを見ていただく,ビジュアルな講演となっております)

開催日時・会場

東京会場

平成25年9月8日(日) 10:00~16:00

専売ビルホール

東京都港区芝5丁目26番30号

03-3798-4186

  • JR田町駅 三田方面徒歩5分
  • 地下鉄三田駅 慶応大学口徒歩4分

大阪会場

平成25年9月1日(日) 10:00~16:00

大阪産業創造館

大阪府大阪市中央区本町1-4-5

06-6264-9800(代)

  • 大阪市営地下鉄中央線・堺筋線「堺筋本町駅」下車 徒歩約5分

福岡会場

平成25年9月29日(日) 10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

受講料

会員9,000円(テキスト代含む)
一般歯科医師35,000円(テキスト代含む)
一般衛生士15,000円(テキスト代含む)
  • 法人会員(学際デンタルセミナー会員)の場合、歯科技工士・歯科衛生士・歯科助手の受講料は9,000円(税別)に割引されます。
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は,開催8日前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を差し引いて返金いたします。それ以後のご返却はできません(代理出席可:会員の代理に会員以外が出席される場合は差額を申し受けます)。

開催にあたって

無歯顎者や多数歯欠損症例における補綴の選択枝として,可撤式義歯,固定式インプラントに続く,第三の選択肢として,義歯床下にインプラントを応用したインプラントオーバーデンチャー(IOD)が注目されています.

超高齢社会の拡大に伴い,大きな外科的侵襲が不向きな高齢者には,IODという治療オプションは必須のものとなっています.IODは比較的侵襲が少なく低コストでありながら,動きが少なく良く噛める義歯を製作することができ,患者満足度の高い治療法です.

演者は日本における急速なIODの普及において,安全に成功へ導くための手引書として,2012年3月に「これからの義歯治療とインプラントオーバーデンチャー」(デンタルダイヤモンド社)を出版しました.Back to the Denture! という副題の通り,本邦初の義歯治療をベースとしたインプラントオーバーデンチャーの専門書として認知され,IODという名称も普及しました.

良い義歯を製作しなければ,動く義歯をインプラントで留めようとしても良い結果は得られません.反対にIODの見識を深めると,義歯の挙動が見えてきて義歯治療の幅が大きく広がります.

総義歯であれば2本,パーシャルデンチャーは僅か1本のインプラントがあるだけで,義歯の挙動は全く異次元のものになります.

義歯治療のレベルアップのために欠かせない,IODの知識から,臨床におけるIOD製作の勘どころについて,動画を交えて解説します.