歯科・獣医セミナーの学際企画

No.613 歯周治療とインプラント治療のかかわり

歯周治療とインプラント治療のかかわり

講師

石川 知弘 先生

石川歯科 院長(静岡県開業)

略歴

1988年 広島大学歯学部卒業
1996年 静岡県浜松市にて石川歯科開業
2008年 5-D Japan を北島一、福西一浩、船登彰芳、南昌宏 と共に設立

現 在
5-D Japan ファウンダー
日本臨床歯周病学会指導医
日本歯周病学会会員
日本口腔インプラント学会会員
日本補綴歯科学会会員
OJ(Osseointegration Study Club of Japan) 常任理事
AAP(American Academy of Periodontology)会員
AO(Academy of Osseointegration)会員

プログラム

10:00~16:00(途中、昼食休憩含む)

  • 複雑な病態に対する治療計画立案
  • インプラント周囲炎のリスク
  • 残存歯の動揺のコントロール
  • 抜歯か保存かの判断
  • インプラント部位のサイトディベロップメント
  • 審美性の獲得
  • 質疑応答

開催日時・会場

東京会場

平成25年3月24日(日) 10:00~16:00

専売ビルホール

東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F

03-3451-4571

  • JR田町駅三田方面口 徒歩5分
  • 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分

大阪会場

平成25年3月17日(日) 10:00~16:00

大阪府社会福祉会館

大阪市中央区谷町7-4-15

06-6762-5681

  • 地下鉄谷町線,長堀鶴見緑地線 谷町6丁目駅下車 4番出口(200m)約5分
  • 地下鉄谷町線,千日前線 谷町9丁目駅下車 2番出口(北へ500m)約10分
  • 近鉄大阪線 上本町駅下車 地下道で谷町9丁目駅2番出口へ

福岡会場

平成25年3月10日(日) 10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

受講料

会員9,000円(テキスト代含む)
一般歯科医師35,000円(テキスト代含む)
一般衛生士15,000円(テキスト代含む)
  • 法人会員(学際デンタルセミナー会員)の場合、歯科技工士・歯科衛生士・歯科助手の受講料は9,000円(税別)に割引されます。
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は,開催8日前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を差し引いて返金いたします。それ以後のご返却はできません(代理出席可:会員の代理に会員以外が出席される場合は差額を申し受けます)。

開催にあたって

歯周病は成人における歯欠損の主要な原因であり、その罹患率は人類の疾病のなかで最大といわれています。進行すると歯槽骨の吸収が顕著となり、動揺が増加すると共に病的移動、欠損の拡大が進行し複雑な病態を呈します。結果として咀嚼機能の低下のみならず、審美性が失われることにより患者の社会生活にも影響を及ぼすようになります。

このような歯周病の治療においてインプラント治療は多大な効果をもたらすと考えられます。確実な咬合支持を獲得し残存歯の負担を軽減する、また病的に移動した残存歯の矯正治療に対して安定した固定源を提供します。

しかし、実際の臨床においては、課題も存在することも事実です。

例えば、動揺が増加した残存歯とインプラントが歯列内、若しくは対合歯列に混在する場合、咬合接触の調整は容易ではありません。歯周組織再生療法の適応を知らなければ、保存しうる歯を抜歯してしまうかもしれない。また歯周病の進行により、歯を失った部位にインプラントを埋入するためには、多くの場合、骨造成が必要となります、そして歯周病に対する感受性が高い患者はインプラント周囲炎に対するリスクも高くなることが示唆されています。残存歯の歯周治療、矯正治療、インプラントサイトディベロップメントなど多くの処置をコーディネイトし適切に遂行することは容易ではありません。このように歯周病患者におけるインプラント治療は単純に欠損=インプラント埋入ではありません。本講演では自分を選んでくれた歯周病患者に対しインプラント治療を最大限に効果的に応用できるよう症例を通してポイントを解説したいと考えます。