歯科・獣医セミナーの学際企画

No.728 予防歯科から健康長寿への挑戦

~エビデンスに基づいたう蝕・歯周病予防の向こう側~

予防歯科から健康長寿への挑戦

講師

山本 龍生 先生

神奈川歯科大学歯学部社会歯科学系 健康科学講座 社会歯科学分野 教授

【略歴】

  • 1989年3月 岡山大学歯学部卒業
  • 1993年3月 岡山大学大学院歯学研究科予防歯学専攻博士課程修了
  • 1993年4月 岡山大学歯学部予防歯科学講座助手
  • 1994年8月 米国テキサス大学生物医学研究所客員研究員(~1996年1月)
  • 1997年11月  岡山大学歯学部附属病院予防歯科講師
  • 2003年10月  岡山大学医学部・歯学部附属病院予防歯科講師(~2009年4月)
  • 2003年12月  WHO(世界保健機関)インターン(~2004年3月)
  • 2009年4月 神奈川歯科大学社会歯科学講座歯科医療社会学分野講師
  • 2010年4月 神奈川歯科大学社会歯科学講座歯科医療社会学分野准教授
  • 2013年4月 神奈川歯科大学大学院歯学研究科社会歯科学講座准教授
  • 2015年10月  神奈川歯科大学大学院歯学研究科口腔科学講座(社会歯科学分野)教授
  • 2017年4月 神奈川歯科大学教学部長(教務担当)兼任(現在に至る)
  • 2019年4月 神奈川歯科大学大学院歯学研究科災害医療・社会歯科学講座教授
  • 2021年4月 神奈川歯科大学歯学部社会歯科学系健康科学講座社会歯科学分野教授(現在に至る)

【所属学会(役職等)】
社会歯科学会(理事)日本口腔衛生学会(理事、指導医、認定医)、日本歯科医療管理学会(代議員)、International Association for Dental Research、日本公衆衛生学会、日本産業衛生学会、日本歯周病学会、日本老年歯科医学会、神奈川歯科大学学会(理事)

プログラム

10:00~16:00(昼休憩含む)

1. 口腔の健康と健康長寿の関係

 ・歯数・口腔機能と寿命、要介護および認知症、医療費等との関係
 ・口腔の健康から要介護への想定経路


2. 歯周病の全身への影響

 ・歯周病と関連する全身の疾患
 ・歯周病から全身への想定経路


3. エビデンスに基づいたう蝕予防法

 ・歯みがきだけではう蝕は予防できない?
 ・フッ化物の応用法


4. エビデンスに基づいた歯周病予防法

 ・歯周病の発症メカニズム
 ・ブラッシングの本当の効果とは


5. かかりつけの歯科の役割

 ・オーラルフレイル・口腔機能低下症と歯数との関係
 ・歯を失わない町は作れるか?

開催日時・会場

東京会場

2022年8月11日(木・祝)10:00~16:00

駐健保会館 4F 大会議室

東京都港区芝3-41-8

財団法人駐留軍労働福祉財団
03-3452-3461

  • JR山手線・京浜東北線 田町駅 三田口(西口)より 徒歩10分
  • 都営地下鉄三田線・浅草線 三田駅 A10出口(日本電気口)より 徒歩5分

福岡会場

2022年10月23日(日)10:00~16:00

6月19日より延期となりました

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

大阪会場

2022年11月3日(木・祝)10:00~16:00

7月10日より延期となりました

大阪府社会福祉会館

大阪市中央区谷町7-4-15

06-6762-5681

  • 地下鉄谷町線,長堀鶴見緑地線 谷町6 丁目駅下車 4番出口(200m)約5 分
  • 地下鉄谷町線,千日前線 谷町9 丁目駅下車 2番出口(北へ500m)約10 分
  • 近鉄大阪線 上本町駅下車 地下道で谷町9 丁目駅2番出口へ

来場受講料

学際デンタルセミナー会員9000円(税込9900円)(ハンドアウト付き)ご入会はこちら
一般歯科医師35000円(税込38500円)(ハンドアウト付き)
歯科衛生士・歯科助手・技工士 15000円(税込16500円)(ハンドアウト付き)

オンライン受講料

学際デンタルセミナー会員限定(3ヶ月配信)19000円(税込20900円)ご入会はこちら

開催にあたって

本セミナーでは、四半世紀以上にわたって私が従事した研究、臨床および公衆衛生活動を踏まえて、「科学的根拠(エビデンス)に基づく予防歯科」をご紹介します。そして、社会に求められる歯科保健医療の姿を考えたいと思います。
私が歯学部卒業後に所属した岡山大学病院予防歯科では、「一生自分の歯で食べられる社会の実現」を目指して、「(歯を)削らない」、「(歯肉を)切らない」、「(歯を)抜かない」、「(患者さんを)見捨てない」をモットーに予防歯科診療をしていました。また、永久歯の喪失原因である歯周病とう蝕の予防について研究し、公衆衛生活動も行いました。
エビデンスに基づいて予防歯科診療と公衆衛生活動を行うと、歯周病とう蝕は確かに予防できました。そして、岡山大学は全国の国立大学の予防歯科のなかで患者数と診療報酬請求額がトップとなり、同じ病院内の他の診療科に並ぶほどとなりました。
神奈川歯科大学では、歯を残す意義を広く国民に知っていただき、歯を残す政策に寄与するために、ビッグデータの解析を行いました。その結果、歯を保つことが健康長寿に繋がることが明らかになりました。また、歯を残すには個人の努力のみならず、社会環境の整備も非常に重要であることを学びました。
本セミナーが、受講者の皆様のエビデンスに基づく予防歯科の実践と、一生自分の歯で食べられる社会の実現への一歩になれば幸いです。

インタビュー動画