HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 日常臨床に役立つ 免疫抑制剤の上手な使い方

No.GS163 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

日常臨床に役立つ 免疫抑制剤の上手な使い方

講師

湯木 正史 先生

湯木どうぶつ病院 院長(名古屋市)
岐阜大学 客員准教授

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

  1. 免疫介在性疾患はなぜおこる?
    これまでにわかっている免疫介在性疾患の発症機序
  2. 免疫介在性疾患の治療(その1):これだけは知っておきたい基礎編
    プレドニゾロン、アザチオプリン、シクロスポリンの3剤について
  3. 免疫介在性疾患の治療(その2): これを知っていればかなり広がる応用編
    クロラムブシル
    レフルノミド
    ヒト免疫グロブリン製剤
    メトトレキサート
    ミコフェノール酸モフェチル
    タクロリムス
  4. 免疫介在性疾患の治療(その3): これらも有効?免疫調整剤について

質疑応答

開催日時・会場

東京会場

平成25年10月20日(日) 1000~16:00

交通ビル 地下会議室

東京都港区新橋5-15-5 交通ビルB1
財団法人 国鉄労働会館

03-3437-6733

  • JR:JR新橋駅をご利用の場合、烏森口側出口から徒歩6分。
    必ず烏森口に出てください。
  • 地下鉄:都営三田線御成門駅から徒歩4分
大阪会場

平成25年11月24日(日) 1000~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分
福岡会場MAP

平成25年10月27日(日) 1000~16:00

九州ビル

福岡県福岡市博多区博多駅南1-8-31

092-467-1113

  • JR・地下鉄 博多駅 筑紫口より徒歩約4分

受講料

会員獣医師:   9,000円 (テキスト代含む・税別)
一般獣医師: 25,000円 (テキスト代含む・税別)

※昼食は各自にてお願い致します。

※参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

近年、我々開業医が臨床の現場で免疫介在性疾患に遭遇するケースは年々増加する傾向にある。これらの免疫介在性疾患は単純なものから複雑なものまで様々である。理想は二次診療施設での専門医による診断および治療であるが、現実問題として全てのケースにおいて飼い主様がそれらを望むわけではない。また、免疫介在性疾患の中には死に至るものも含まれ、早急な診断・治療が必要となるケースも少なくない。

皆様方が使い慣れているプレドニゾロン単剤で解決すればそれで良いのだが、なかには他の免疫抑制剤を併用しないと解決しないケースも少なくない。この併用する免疫抑制剤の1剤でも2剤でも多く使用できる知識を持つことで、寛解率が大幅にアップする可能性がある。

本セミナーでは、皆様方と実症例での治療を見て行きながら、免疫介在性疾患の治療薬を中心に基礎から応用まで解説する予定である。是非この機会にプレドニゾロン以外の免疫抑制剤に慣れてもらい、日常の診療に役立てていただきたい。

pagetop