HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 犬猫のてんかん診療update2016

No.GS199 東京 大阪 福岡 開催!

詳細

犬猫のてんかん診療update2016

動画配信あり

講師

長谷川大輔 先生

日本獣医生命科学大学臨床獣医学部門治療学分野 I ・准教授
同付属動物医療センター脳神経外科

プログラム

10:00~16:00(途中、休憩・昼休みを含む)

・国際獣医てんかん特別委員会(IVETF)による新しいてんかんの定義と分類
・IVETFによる特発性てんかんの診断
・てんかんの治療? 抗てんかん薬療法の実際
・構造的(症候性)てんかんの診断と治療
・将来的なてんかんの診断と治療=てんかん原性領域の決定とてんかん外科

 

開催日時・会場

東京会場MAP

平成28年9月11日(日)10:00~16:00

専売ビルホール

東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F

03-3451-4571

  • JR田町駅三田方面口 徒歩5分
  • 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分
福岡会場MAP

平成28年10月2日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分
大阪会場MAP

平成28年10月30日(日)10:00~16:00

エコーペットビジネス総合学院

兵庫県尼崎市長洲西通1-3-23

06-6483-4371

  • JR尼崎駅下車 徒歩1分

受講料

会員獣医師 9,000円 (テキスト代含む)
一般獣医師 25,000円 (テキスト代含む)
  • 昼食は各自にてお願い致します。
  • 参加取り消しの場合は、開催1週間前までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します。(上記以外のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を申し受けます)

開催にあたって

 現在、世界で、そして日本でてんかんの一大転機が起こっている。2014年にヨーロッパおよびアメリカの神経病専門医を中心とした国際獣医てんかん特別委員会International Veterinary Epilepsy Task Force(IVETF)が設立され、昨年の9月にIVETFから犬猫のてんかんに関する諸々の統一見解が提示され、今年の2月にはIVETFの見解を受けてアメリカ獣医内科学会(ACVIM)も犬のてんかん治療に関する声明を公表した。これに先立ち,ヨーロッパではイメピトイン、日本ではゾニサミドが動物用抗てんかん薬として認可され、また獣医てんかん学の専門書(これまでは神経病学の一部でしかなかった)が2冊も出版された(De Risio & Platt 2014; Sanders2015)。小生もまた、将来的なてんかんの新しい治療法である「てんかん外科」を見据えたReview、“Diagnostic techniques to detect the epileptogenic zone:Pathophysiology and presurgical analysis of epilepsy in dogs and cats”をThe Veterinary Journal(2016)に寄稿した。
 本講演では「犬猫のてんかん診療 update 2016」と銘打って、これらの最新情報を踏まえた獣医てんかん学を、その最新定義から診断、治療、そしてこれからの将来展望までを可能な限り判りやすく、実践的な視点から解説していく。この講演を聴講することで、世界標準+αの知識を習得して頂き、日常の診療に役立てて頂きたい。

pagetop