HOME » 獣医学系 » 過去のセミナー・実績一覧 » 軟部外科と臨床検査

No.MS68 開催!【実習】
ウェットラボ in 宮崎

詳細

軟部外科と臨床検査

MS68

講師

鳥巣 至道 先生

宮崎大学農学部附属動物病院 病院長

インストラクター

金子 泰之 先生

宮崎大学農学部附属動物病院 助教

水谷 真也 先生

宮崎大学農学部附属動物病院 特別助教

山本 集士 先生

宮崎大学農学部附属動物病院

定員

18名

プログラム

1日目 13:00〜18:00(途中、休憩を含む)
2日目  9:00〜15:00(途中、休憩・昼休みを含む)

1.動物実験の基礎知識
  1. 社会の中の動物実験 〜動物福祉、法規を中心に〜
  2. 獣医師教育の手段として知っておくべきこと
2.実験動物を用いた臨床検査実習
  1. 動脈留置(カットダウン→動脈血圧測定)
  2. 内視鏡検査、生検
  3. 腹腔鏡検査(肝生検、膵生検、消化管全層生検)
3.実験動物を用いた軟部外科実習
  • PEGチューブ設置
  • 脾臓摘出
  • 胆嚢摘出
  • 腸管吻合
  • 膀胱切開
  • 肝葉切除
  • 副腎摘出など

1日目の夜に懇親会を開催いたします。講師陣と実習に参加いただいた先生で宮崎のおいしい料理を囲んで親睦を深め、情報交換の場としていただければ幸いです。参加費は無料となっておりますので、皆さんのご参加をお待ちしております。

実習のポイント

  • 臨床現場での基本検査手技の確認と技術向上を目指す。
  • 臨床現場でよく遭遇する軟部外科処置について基本技術の確認とレベルアップを目指す。

開催日時・会場

1日目:2019年10月13日(日)13:00~18:00

2日目:2019年10月14日(月・祝)9:00~15:00

宮崎大学 農学部大動物実習室 他

受講料

◆受講料・前納制

会員獣医師:128,000円(税別)+実習材料費65,000円
一般獣医師:158,000円(税別)+実習材料費65,000円

※ 2日目の昼食はご用意致します。
※ 会場への交通費・宿泊費は含まれておりません。各自でご手配願います。
※ 参加希望の方はお早めにお申し込みください。定員に達し次第、締切となります。
※ 参加申込者には会場案内図と持参品リストをご案内申し上げます。

  • 参加取り消しの場合は、開催3週間前迄にご連絡頂ければ受講料から手数料10%を引いてご返金致します (上記以後のご返金はできません。代理出席は可。但し、個人会員の代理出席者が一般の場合は差額を承ります)。
  • 銀行振込の場合、その控えが領収証の代わりとなりますので基本的には弊社より領収書を発行致しませんが、必要な場合はご連絡下さい。

次回先行ご予約について

本実習の申し込みは締め切らせていただきましたが、次回は来年2020年10月頃の開催を予定しております(日程・受講料未定)。日程などが決まりましたら優先案内をお送りさせていただきますので、ご興味のある方はお申込みフォームよりお問い合わせ下さい。

開催にあたって

 今年も宮崎大学での講習会を企画いたしました。
 今年で3回目になるこの講習会では、実験動物を扱うにあたって、動物実験についての講義も受けていただき、正しい知識を身に付けたうえで、実習に取り組んでいただきます。
 実習は、臨床検査と軟部外科手技について2日間にわたってスキルアップを目指します。
 臨床検査では、適切な麻酔導入法からモニター管理、実際に内視鏡を使っての基本操作、そこで得た組織の標本準備の基本を身に付けていただき、カテーテル挿入とカットダウン、腎生検なども体験していただきます。
 軟部外科については、切開、剥離、吻合、止血、縫合を生体でみっちりトレーニングし、軟部外科の基本手技も体験できる盛り沢山な内容です。明日からの臨床に自信、確信が持てるよう構成し、臨床経験が浅い先生も執刀件数が豊富な先生も得るものが多い実習プログラムにいたしました。
 会場の宮崎大学農学部は空港からタクシーで約20分です。遠方からお越しの先生が参加しやすいよう、初日は午後からの開始とし、2日目は15時に終了するようにいたしました。実習の前後に観光やゴルフなどのスポーツアクティビティーを組み込んでもゆとりある計画が可能と思います。有意義な講習会とともに宮崎も堪能いただければ幸いです。
 初日の夜は懇親会を催し、情報交換を行いたいと思っています。皆さんのご参加をお待ちしております。

満員になりましたので募集を締め切りました。

pagetop