HOME » 歯学系 » セミナー情報 » Dr.白石一男の簡単なゴシックアーチ(GoA)実習 講習会

No.D-105 東京 大阪 開催!【実習】

申込
詳細

Dr.白石一男の簡単なゴシックアーチ(GoA)実習 講習会

すぐに、GoAがやりたくなります!したくてたまらなくなります!D105n

infogakusai

講師

白石 一男 先生

白石歯科医院(茨城県結城市 開業)
咬み合わせ医療会主宰

咬み合わせ医療会のインストラクター:各会場8名

定員

各会場定員:8名

プログラム

  •  咬合採得の意味と中心位への下顎位採得の意味
  • 誰でも出来るシリンジテクニックの印象とアルギン酸印象材を使った仮のBT採得
  • 保険に導入されているゴシックアーチ描記法(GoA)の臨床活用
  • ゴシックアーチの作製実習《受講者全員による実習》
  • 「咬み合わせ」の診査、診断とその対処法《受講者より数名を選出してデモ解説》
  •  GoAによる下顎位採得法 《受講者全員による実習》
  • GoAによる中心位の咬合管理の意義

開催日時・会場

東京会場MAP

日程変更いたしました

2021年11月13日(土)15:00~18:30

2021年11月14日(日)10:00~15:00

2021年5月29日(土)15:00~18:30

2021年5月30日(日)10:00~15:00

専売ビルホール

東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F

03-3451-4571

  • JR田町駅三田方面口 徒歩5分
  • 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分
大阪会場MAP

日程変更いたしました

2021年11月20日(土)15:00~18:30

2021年11月21日(日)10:00~15:00

2021年6月12日(土)15:00~18:30

2021年6月13日(日)10:00~15:00

大阪科学技術センター

大阪市西区靭本町1-8-4

06-6443-5321

【大阪駅・新大阪駅から】

  • 地下鉄御堂筋線本町駅下車、2番出口、西へ徒歩7分
  • 地下鉄四ッ橋線本町駅下車、28番出口、北へ徒歩3分
  • 地下鉄四ッ橋線肥後橋駅下車、7番出口、南へ徒歩5分

【天王寺・難波駅から】

  • 地下鉄御堂筋線本町駅下車、2番出口、西へ徒歩7分
  • 地下鉄四ッ橋線本町駅下車、28番出口、北へ徒歩3分

受講料

学際デンタルセミナー会員 65,000円(税込71,500円+教材・材料代等27,000円(税込29,700円ご入会はこちら
一般歯科医師 85,000円(税込93,500円)(テキスト代含む)+教材・材料代等27,000(税込29,700円)
技工士 50,000円(税込55,000円)(テキスト代含む)+教材・材料代等27,000(税込29,700円)

教 材 : 総義歯治療の実践的上達法(78頁)、下顎位・咬合診断マニュアル(66頁)

※受講料とは別途に、教材・材料代等として上記の別途料金を承ります。
※法人会員登録をされている施設の歯科医師は会員受講料が適用されます。
※本セミナーの受講料は前納制です。事前振り込みのご協力をお願い申し上げます。
※参加取り消しの場合は,東京開催は5月7日まで、大阪開催は5月21日までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を差し引いて返金いたします。上記以後のご返金はできません。代理出席は可。但し、会員の代理出席者が一般の場合は差額を承ります)。
※但し、キャンセル時点で返品不可の材料等に関しては、実費を申し受けます。
※銀行振込の場合,領収書を発行しませんので必要の場合はご連絡ください。

開催にあたって

私のゴシックアーチ描記法との絶対的な縁は、卒後4年目、開業して間もない頃でした。
当時の私の総義歯臨床では、ゴシックアーチ描記法は取り入れていませんでした。
そんな中、ある総義歯の患者さんから、『入れて置くだけなら、上も下も大丈夫だけど、咬みだしたら、上の入れ歯が落ちてしまうし、下の入れ歯も落ち着いてくれないよ!』と、厳しく怒られてしまったのが、ゴシックアーチ描記法の導入のきっかけとなりました。
それまでの総義歯臨床では何となく上手くいっていたので、自分の中に根拠のない過信がありました。
その患者さんからの厳しい言葉が無かったら、正直なところ、その時にゴシックアーチ描記法をやってみようとは思わなかったかもしれません。
新製した総義歯は既に装着済みでしたが、その総義歯を使ってゴシックアーチ描記法を実施して、ゴシックアーチのアペックスで下顎位採得をして、咬合器に総義歯をリマウントした結果を見た時に、私は自分の目を疑うものがありました。
要するに、最初にワックスのロー堤で採得した下顎位が前方位で、それも小臼歯の近遠心で言えば、1本分位の前方位での下顎位採得をしていたのでした。
その患者さんは、びっくりする程に、かなり後退位をとる2級タイプだったのを見逃してしまい、何となくの前方位のままで、総義歯を作製してしまった事を強く反省しました。
総義歯は再製する事にして、患者さんに正直に謝りました。もうあれから30年も経ちますが、もし先生が私と同じようなミスをしていたとしても、ゴシックアーチ描記法をやらなければ、私と同じ経験は出来ないと思います。
是非この機会に、エビデンスのあるゴシックアーチ描記法を習得しましょう。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop