HOME » 歯学系 » セミナー情報 » ワンファイルエンドを臨床に生かす

No.D-97 東京 大阪 開催!【実習】
One File Endo Technique

申込
詳細

ワンファイルエンドを臨床に生かす

D97

infogakusai

講師

中川 寛一 先生

東京歯科大学歯内療法学講座 前教授

Pacific Endodontic Research
Foundation JAPAN 主宰
1979年3月 東京歯科大学卒業
1983年9月 東京歯科大学大学院歯学研究科修了 歯学博士
2002年4月 東京歯科大学教授(歯内療法学)
2014年4月 神奈川歯科大学大学院 歯髄生物学講座客員教授

Pacific Endodontic Research Foundation JAPAN 主宰

著書・論文
ONE FILE ENDOの臨床 根管を1本のファイルで形成するために、2017、医歯薬出版
他。 学術論文多数。

協力
後援PERF JAPAN
(受講修了者にはPERF JAPANより修了証が授与されます)

定員

各会場:20名

プログラム

1日目 10:00~18:00 途中、昼食、休憩時間を含む

10:00~11:30
歯内療法症型分類について ①エンドの症例を取り上げ診断について解説

11:30~12:30
X線診断トレーニング
①種々なエンド症例に対するX線診断トレーニング
②実際の所見に対する診断の考え方

13:30~14:30
エンドの基本術式
①髄室開拡、根管口の探索、根管形態
②根管形成の基本

14:30~15:30
根管経路と新ファイル [グライドファインダー]
①穿通用スカウティングファイルについて
②各種スカウティングファイルを用いて根管探索
③新ファイルグライドファインダーの特徴と応用

15:30~17:30
パスファインディング実習(抜去歯)
①根管探索のテクニック
②ワンファイルエンドにつながるシステムの構築について

17:30~18:00
質疑応答

 

2日目 09:30~15:30
途中、昼食、休憩時間を含む

09:30~10:30
ニッケルチタンファイル概論
①ニッケルチタンファイルの世代
②特徴と臨床応用上の注意事項

10:30~12:00
RECIPROCによるワンファイルエンド
①RECIPROCの特徴
②根管形成法
③術式と臨床応用上の注意

13:00~14:00
術式実習
①ダイレクトモーターの使用法
②根管模型を用いる基本的な術式トレーニング
③抜去歯を用いた基本術式の確認

14:00~15:00
マッチドコーン法による根管充填
①RECIPROCによる根管形成と根管充填
②マッチドコーン法の基本

③根管充填実習

15:00~15:30
質疑応答

 

持参品:抜去歯、白衣、筆記用具 など(参加者にはご案内します)

開催日時・会場

東京会場MAP

2021年5月15日(土)10:00~18:00

2021年5月16日(日)9:30~15:30

駐健保会館 4F 大会議室

東京都港区芝3-41-8

財団法人駐留軍労働福祉財団
03-3452-3461

  • JR山手線・京浜東北線 田町駅 三田口(西口)より 徒歩10分
  • 都営地下鉄三田線・浅草線 三田駅 A10出口(日本電気口)より 徒歩5分
大阪会場MAP

2021年6月26日(土)10:00~18:00

2021年6月27日(日)9:00~15:30

大阪科学技術センター

大阪市西区靭本町1-8-4

06-6443-5321

【大阪駅・新大阪駅から】

  • 地下鉄御堂筋線本町駅下車、2番出口、西へ徒歩7分
  • 地下鉄四ッ橋線本町駅下車、28番出口、北へ徒歩3分
  • 地下鉄四ッ橋線肥後橋駅下車、7番出口、南へ徒歩5分

【天王寺・難波駅から】

  • 地下鉄御堂筋線本町駅下車、2番出口、西へ徒歩7分
  • 地下鉄四ッ橋線本町駅下車、28番出口、北へ徒歩3分

受講料

学際デンタルセミナー会員  88,000円(税別)(テキスト代含む)ご入会はこちら
一般歯科医師 108,000円(税別)(テキスト代含む)
実習材料費 29,000円(税別)(実習材料・資料・昼食代ほか)

※受講料とは別途に、教材・材料代等として上記の別途料金を承ります。
※法人会員登録をされている施設の歯科医師は会員受講料が適用されます。
※本セミナーの受講料は前納制です。事前振り込みのご協力をお願い申し上げます。
※お申込後、請求書に従って受講料をご納入ください。受講料の納入確認後、受講証等ご送付申し上げます。
※参加取り消しの場合は,東京開催4/24、大阪開催6/5までにご連絡いただければ受講料から手数料10%を差し引いて返金いたします。それ以後のご返却はできません(代理出席可:但し会員の代理に会員以外が出席される場合は差額を申し受けます)。
※但し、キャンセル時点で返品不可の材料等に関しては、実費を申し受けます。
※銀行振込の場合,領収書を発行しませんので必要の場合はご連絡ください。

開催にあたって

現代の根管処置にあっては根管の探索、ニッケルチタンファイルによる拡大・形成、モノコーンによる根管充填がその主流になっています。そして安全・確実・迅速な処置の流れを臨床に取り入れることが根管処置の効率化を図る上で重要であると考えます。最も大切なことは歯牙―根管系の状況を理解し、実際の臨床に即して適切な器具・器械を応用することです。使用方法やテクニックが伴わない場合、どんなに秀逸な器具も使いこなすことができません。
まずはじめに診察や診断能力を涵養すること、その意味合いを理解することから始めます。すべての基礎や臨床には意味があります。それを無視して器具・器械にたよっても良い結果を得ることができません。根管処置に王道はないのです。しかしながら、よりよい道を探ることは可能です。
ご参加の先生方にそのことを実感していただきたく本実習を企画しました。
本セミナーでは、
① 適切な診断のもと根尖に至るパスを確保する為には
② ニッケルチタンファイルの臨床導入と活用
③ 根管形成の考え方
④ 迅速・確実な根管充填法の紹介と実践
について、基礎事項、臨床テクニックの観点からご紹介し、臨床導入を実感していただきたいと思います。

セミナーのお申し込みはこちら

pagetop