歯科・獣医セミナーの学際企画

No.MS97 心肺エコースキルアップ道場

心肺エコースキルアップ道場

講師

中村 健介 先生

北海道大学大学院獣医学研究院 准教授

治療信念: 『必要かつ十分な検査と治療を提供する』

北海道大学獣医学部卒業後、酪農学園大学内科研修医、北海道大学大学院獣医学研究科にて博士号取得。
同大学大学院獣医学研究科博士研究員、同大学附属動物病院助教を経て2017年4月より現職。
日本獣医循環器学会 動物循環器認定医 アジア獣医内科学会 設立専門医(DeFacto Diplomate of Asian College of Veterinary Internal Medicine)


インストラクター

森田 智也 先生

岩手大学動物病院 助教

協力

キャノン医療用品株式会社
学校法人立志舎 日本動物専門学校

定員

15名

プログラム

第1部 心拡大を評価する:stage B2の診断+α

  • 左心室:Mモードを使った計測
  • 左心房:実は奥の深いLA/Ao
  • 右心、肺動脈:そもそも見てますか?

第2部 心不全を評価する:stage Cの診断

  • 左心房圧を推定する
  • 前方拍出量を計測する
  • 肺水腫をエコーで評価する

開催日時・会場

2022年3月20日(日)10:00~16:30
2022年3月21日(月・祝)10:00~16:30

学校法人 立志舎 日本動物専門学校

〒166-8567 東京都杉並区高円寺南4-6-8

03-5306-3211

  • JR高円寺駅南口より徒歩約3分

受講料

会員獣医師 96000円(税込105600円)+実習材料費29000円(税込31900円・ハンドアウト付き)
一般獣医師125000円(税込137500円)+実習材料費29000円(税込31900円・ハンドアウト付き)

開催にあたって

2019年、満を持して犬の僧帽弁閉鎖不全症に関するACVIMコンセンサス・ステートメントが10年振りに改訂されました。治療を開始するstage B2の基準が明確化され、レントゲンや心エコー検査の客観的データを元に、標準的な診断・治療を行う指針が示されました。心エコーがなければ、治療戦略が立てられない時代に来ています。皆さん、その準備はできていますか?
本実習は少人数で、様々な犬種に対して、多くの時間、実際にプローブを当てることができます。講演では伝え難い、言葉にするのが難しい「コツ」についてもお伝えする事ができると思っています。普段はキレイなチャンピオン画像を皆さんに供覧していますが、実際にはどうしたって見づらい犬もいます。その時にはどう妥協するのか?このようなリアルな現場感も味わっていただける場になるとも思っています。