歯科・獣医セミナーの学際企画

No.724 裏から読み解く口腔機能低下症

裏から読み解く口腔機能低下症
ー 歯を抜く歯医者は良い歯医者? ー

講師

菊谷 武 先生

日本歯科大学大学院生命歯学研究科 臨床口腔機能学 教授
日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長

【著書】
『誤嚥性肺炎を防ぐ安心ごはん』女子栄養大学出版
『歯科と栄養が出会うときー診療室からはじめるフレイル予防のための食事指導』医歯薬出版
『あなたの老いは舌から始まる』NHK出版
『ミールラウンド&カンファレンス』医歯薬出版
『チェアサイドオーラルフレイルの診かた』医歯薬出版
『絵で見てわかるー認知症「食事の困った!」に答えます』女子栄養大学出版
『絵で見てわかるー入れ歯のお悩み解決』女子栄養大学出版
『食べる介護がまるごとわかる本』メディカ出版
『高齢者の口腔機能評価NAVI』医歯薬出版
『基礎から学ぶ口腔ケア』学研
『図解 介護のための口腔ケア』講談社

【略歴】

  • 1988年 日本歯科大学歯学部卒業
  • 2001年10月より 附属病院 口腔介護・リハビリテーションセンター センター長
  • 2010年 4 月 日本歯科大学附属病院 教授
  • 2010年 6 月 大学院生命歯学研究科臨床口腔機能学教授
  • 2012年 1 月 東京医科大学兼任教授
  • 2012年10月 口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長

プログラム

10:00~16:00(昼休憩含む)

  1. 口はどう老いていくのか
  2. 加齢の問題を現実的に受け止める歯科治療のあり方
  3. なぜ、患者は65歳をピークに歯科医院に通わなくなるのか?
  4. 口腔機能の低下は要介護の前兆と捉える対応とは
  5. 「内科で血圧を測るように、歯科では舌圧を測る」その意味するところとは
  6. 運動障害性咀嚼障害とは? その診断と対応

開催日時・会場

福岡会場

2022年4月3日(日)10:00~16:00

福岡朝日ビル

福岡県博多区博多駅前2-1-1

092-431-1228

  • JR・地下鉄 博多駅 博多口 徒歩約2分

東京会場

2022年5月22日(日)10:00~16:00

駐健保会館 4F 大会議室

東京都港区芝3-41-8

財団法人駐留軍労働福祉財団
03-3452-3461

  • JR山手線・京浜東北線 田町駅 三田口(西口)より 徒歩10分
  • 都営地下鉄三田線・浅草線 三田駅 A10出口(日本電気口)より 徒歩5分

大阪会場

2022年10月2日(日)10:00~16:00

大阪会場未定

来場受講料

学際デンタルセミナー会員9000円(税込9900円)(ハンドアウト付き)ご入会はこちら
一般歯科医師35000円(税込38500円)(ハンドアウト付き)
歯科衛生士・歯科助手・技工士 15000円(税込16500円)(ハンドアウト付き)

オンライン受講料

学際デンタルセミナー会員限定(3ヶ月配信)19000円(税込20900円)ご入会はこちら

開催にあたって

「口腔機能低下症」鳴り物入りで登場し、削って詰めるという歯科医師のイメージに一石を投じると期待されたが、十分には普及しているとは言えない。口腔機能低下症を診断したら、要介護にならないために、機能訓練を提案し生活指導をする。これが表メニューである。しかし、現実的にはその効果は、要介護状態になるのと少し先延ばしにする程度で、低下症の症状が出ているということは、ピンピンコロリとはいかなくなったサインだともいえる。8020者が増えているなかで、咀嚼困難を訴える患者は一向に減らない。歩行障害の原因が足の欠損や靴の不適合でないように、咀嚼障害の原因は、歯の欠損や義歯不適合でないのも明らかであり、そのために、舌圧をはじめとした評価が必要なのである。これにより、咀嚼困難を義歯では治せないことを証明することになる。ならば、思い切って、要介護になることを想定した口腔管理に大きく舵を切るのはどうだろうか? 今後、歯科疾患の発症や重症化が加速することが予想されるため、メインテナンス間隔を短くするべきであるし、抜歯を必要とする歯はなるべく早く抜歯をした方が良い。なぜなら、次、その患者に会うときは枕元かもしれないからである。このようにとらえると、口腔機能低下症を通して違った景色が見えてくる。本講演では、口腔機能低下症を裏から読み解いてみたい。

インタビュー動画